誰でもできる時間管理

いつも時間に余裕がない…時間に追われて一日が終わってしまう。でも、同じ24時間なのに、一日にとても多くの仕事をこなしている人もいます。「時は金なり」。結果に大きな違いを生む、簡単な時間管理のコツをお教えします。

時計の針を5分進めておく

時間に追われて余裕がない人へ、だれでも実行できる簡単な時間管理術があります。 それは、時計の針を5分進めておくこと。 いつもギリギリに行動するクセがある人にはお勧めです。

効果てきめんの「予鈴効果」

これは〈予鈴効果〉といって、不思議なことに5分進んでいると頭でわかっていても、目から入ってくる情報を脳は信じてしまうのです。 その結果、行動に5分の余裕を持つことができ、あせらずに仕事を進めることができます。

仕事効率化の「チャンクダウン方式」

余裕がない方のために、仕事を効率化する有効な方法があります。 ひとつは、〈チャンクダウン方式〉。 鯨一頭は食べられませんが、細切れにすればすべておいしく食べることができます。 1日の仕事を小さく分解して、具体的に何をやるかを決めていきます。これによって心理的負担がとても軽くなります。

締め切りを作る「ベビーステップ方式」

もうひとつは、〈ベビーステップ方式〉。これは、あかちゃんのヨチヨチ歩きです。 小さく分解された仕事を、行程ごとに何分でやるか、何時間でやるか締め切りを作ってしまうのです。 簡単なものから片づけていけば、驚くほど仕事がはかどります。 時間ごとにアラームが鳴るように設定しておけば、さらに効果が上がります。 仕事に支配されず仕事を管理するためには、5分前進行を意識して、この時間管理術を習慣化してください。

クリエイティブな仕事は午前中に

仕事の中には、クリエイティブ系のものがあります。たとえば企画、制作、プランニングなどの仕事で、ギチギチに時間を区切っても効率は上がりません。 考えたりアイデアを出したりする仕事は、自由なざっくりした時間枠の中で行うのが理想です。 これは、脳が一日のうちでもっとも活性化している午前中の時間帯を当てるといいでしょう。

【まとめ】

・「予鈴効果」時計の針を5分進めておく。 ・「チャンクダウン方式」一日の仕事を小さく分解して、具体的な作業進行を決める。 ・「ベビーステップ方式」小さく分解された仕事を、工程ごとに何分、何時間でやるか締め切りを作る。 ・クリエイティブな仕事はざっくりした時間枠の中で行う。午前中がベスト。 ・大切な時間を効率よく使う時間管理術、参考になりましたか? ★ 参考図書『心は1分で軽くなる!』 石野みどり著 自由国民社