5月病は日本だけ?

5月病と呼ばれるものがあります。会社や学校など新生活に慣れない中で、4月は気張っていたものの、5月の連休を経ることで急にトーンダウンしてしまうものですね。一気にガタが来るといった表現もそこには当てはまるでしょう。

これは日本だけ?

そもそも5月病というのは、病気と名前は付いているものの、精神医学の病気として存在するものではありません。新しい環境に慣れようとして慣れないということですから、ある種の適応障害としても位置づけられるかもしれません。この5月病というのは日本独自のものです。なぜそうなのでしょうか。日本独自の会社や学校のシステム、独特の村社会意識などがそこに影響を及ぼしているのでしょうか。いや、そうではありません。

4月はじまりではない

5月病というのは新生活が4月から始まる日本ならではの現象であると言えるでしょう。ほかの国では、そのはじまりの季節ごとに、日本の5月病に相当する病気のような現象が報告されている。お隣の韓国では3月が新年度の始まりとなるので、俗に言うとするならば3月病と言われるものがあるそうです。さらにアメリカでは冬休みが明ける1月や夏休みが明ける9月に憂鬱になるといったこともあるようですね。これは、ある意味では仕方がないことと言えるかもしれません。いわば年度行事というべきものなのでしょうね。これはその分、人間が普遍的な価値観を共有しているということにもなるのではないでしょうか。