一人勝ちメンタル術とは?

世の中をうまく渡っていくためにはどうすればいいのかといったハウツー本というのは次から次に出版されています。ためになることが書いてありますが、なかなか自分にはフィットしないといったこともあるでしょう。そこにはどうしても他者との関わりといった人間関係の要素が出てくるのは確かでしょう。ついまわりと自分を見比べてしまうというそれですね。これは人間がどうしても陥ってしまうパターンであり宿痾であるとも言えますが、もうすこし気楽に考えてみても良いかもしれません。

一人勝ちのメンタル術

そうした強いメンタルを持てる本がひろゆきこと西村博之による『自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術』(SBクリエイティブ)です。ひろゆきといえば、さらりと頭の回転の早いことを言ってのける人物として知られています。本書では彼がどのような思考回路を持って、さらにはどのようなメンタルを持ってして、この現在位置にたどりついたのかについて記されています。

どうすればいい?

世の中は割と適当で、いい加減に回っているというのが第一にあるでしょう。本書では、社会では「それっぽい提案」が重要であり、「モチベーション」がなくとも何かをやる必要が求められており、「イヤなことを引きずらない」といったふるまいが重要です。すぐにでも実践できる発想の転換術が多く記されていますので参照にしてみてはいかがでしょうか。