悩みを解決する! 挫折の乗り越え方。

挫折こそは成長への近道。これを乗り越えれば次のステージに行ける! とは言いますが、挫折した直後は死にたくもなるくらい落ち込みます。挑んで敗れる、それだけのシンプルなことが何故私たちの心を傷つけるのでしょうか。また、その時どうやって心の余裕を取り戻せばよいのでしょうか。今回は悩みを解決するための挫折の乗り越え方について調べました。


■挫折のメカニズム

挫折した後に大事なのは、再び障害に立ち向かうことです。その際に、労力を必要としますし、時間も必要とします。そして、なにより勇気が要ります。挫折を糧として、乗り越え、生かしていく力が必要となっていきます。

そもそも挫折は何故起こるのでしょうか。それは自分の能力以上のことに挑戦したからです。もちろん運で乗り越えることもありますが、基本的には自分の能力以上のことはできません。

■挫折と折り合う方法

1. 成功と挫折は表裏一体

成功のラインから1ミリでも失敗側にあれば、それは失敗です。しかし、それは成功した人と失敗した、挫折した人との差が1ミリしかないということ。成功と挫折は表裏一体なのです。

2. 休息

挑んで挑んで挑み続けた結果、成功できないことも長い人生の中にはあるでしょう。その時は休む時かもしれません。戦略的撤退という言葉もある通り、「常に前進しなければならない」という思い込みは捨てましょう。

3. がむしゃら

頭の中でずっと考えていても、結局は頭のなかの話でバーチャルな話なのです。私達が生きているのはバーチャルではなくリアルです。悩むのに行き詰まったらとにかくがむしゃらに動いてみましょう。やってみないと分からないものもあります。

4. 第三者からの視点

全身全霊、全力を尽くして戦っている時というのは、えてして周りが見えなくなるもの。意識の外側にもう一人の自分を忍び込ませ、自分を観察してもらいましょう。

5. 早めの挫折

挫折を重ねることでストレスに対する免疫が強化され、タフなハートを持つことができます。挫折の数は挑戦の数に比例します。若い時はガンガン挑戦しましょう。

6. スキル

自分のお金を使い、身に付けてもいいというスキルを持っているでしょうか。自分が欲しくないスキルは他の人も欲しくありません。いつか役立つ時がくるまで爪を研いでおきましょう。

7. 仲間

一人で挫折と戦うことはできますが、仲間と一緒になって乗り越えることもできます。彼らはアドバイスや励ましの言葉をくれ、時には厳しく接してくれることで挫折を乗り越える手助けをしてくれます。

生まれてから死ぬまで、全てうまくいった人生を歩んだ人は存在しません。ちょっとやそっとの困難でくじけないハートを持ちたいものです。挫折をうまく乗り越えて悩みを解決しましょう。

「挫折力―一流になれる50の思考・行動術(冨山 和彦)」の詳細を調べる

    
コメント