意外と多くの人が抱えている悩み。あがり症を克服するための3つの方法。

社会人や大学生になると大勢の前で話すことが多くなると思います。ですが、大勢の前で何かをすることが苦手という悩みを抱えている人は意外と多いです。極度に緊張してしまったり、普段の実力が中々出せなかったりで歯痒い経験をしたことの一度や二度、あると思います。そこで今回はあがり症の人に向け、人前であがらないようにする3つの方法を紹介します。


■あがり症を克服するための3つの方法

1. 見え方を変える

1つ目の方法は相手からの見方を変えるということです。恥ずかしがり屋な人がコスプレをすると堂々とできるように、相手からの見え方を変えます。

具体的な方法としては「メガネをかける」や「マスクをする」などがあります。メガネやマスクは仮面の効果があり、顔の一部を隠すことで安心感を得ることができます。それにより堂々と話せる自分が出来上がるということです。

2. 見方を変える

2つ目の方法は1とは逆で、見方を変えるということです。これは一種の思い込みでもあり、自己暗示でもあります。ですが、思い込みや自己暗示だからといって緊張を抑えられるのならばしたほうが良いですよね。

具体的な方法は、「聴衆」と「場所」を人とは違うものに思い込むということです。例えば、場所は「畑」で聴衆は「人参」、場所は「お店」で聴衆は「こけし」などです。

3. 身体を動かす

3詰めの方法は今までのとは方向性が変わって身体を動かすというものです。重心が低いほうが身体は安定するように、心も落ち着きます。ジャンプしながら重心が下がるイメージをするのも効果的です。また、力士が四股を踏み、重心を下げるように四股を踏むのも良いでしょう。

何事も最初から完璧にこなすことはできません。焦らず、じっくりと克服して行きましょう。

「シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニング(松本幸夫)」の詳細を調べる

    
コメント