ストレスを減らす生き方

現代を生きていくにあたり、ストレスを感じずに生きていくというのは幸せなことのように思われます。いつの間にか家庭でも会社でもストレスを溜めやすくなってきた現代人ですが、ストレスを減らすような生き方を送るのにはどうしたら良いのでしょうか。今回は、ストレスを抱えずに生きていく考え方を紹介します。


■ストレスを抱える原因は思考?

人は、嫌な仕事や、嫌な人間関係などをストレスの原因と捉えてしまいがちです。けれども、ストレスの根本原因は、自らの思考のクセなのです。思考にクセが存在するため、錯覚や誤解、思い込みを抱いてしまい、そこからストレスにつながるのです。したがって、思考パターンを変えるだけで、ストレスを減らすことができるのです。

■他人を認める

ストレスを減らすための考えとして重要なのが、他人の流儀を認めるということです。例えば、他人のあいさつを見て、自分と違うことで腹を立てることを考えてみます。相手のあいさつを見て腹を立てたのは「自分の流儀が正しく、他人の流儀は間違っている」と思い込んでいるからに他なりません。けれども、そう思っているのは他人も同じで、実際は皆が「私も他人も自分の流儀だけが正しい」と思っています。そこで、まず重要なのが、相手の流儀を認めてあげることです。そうしないと、相手も自分の流儀を認めるようにはなりません。

■人格否定は気にしない

上司からキツイことを言われて、それがストレスになることは往々にしてあります。けれども、上司のキツイ言葉は所詮偏見に他なりません。人は誰しも独自の判断基準を持っており、その偏りのため、相手の言葉も偏ったものになります。上司のキツイ言葉も独自の基準による偏見から生まれたもので、自分が気にする必要はないのです。

ストレスはなるべく減らして生きたほうが良いに決まっています。「ストレスゼロの仕事術 ~人間関係・組織・成果・・・考え方ですべてが変わる!」では他にもストレスを減らすための考え方を紹介しているので、気になった方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

「ストレスゼロの仕事術 ~人間関係・組織・成果・・・考え方ですべてが変わる!(木村英一)」の詳細を調べる

    
コメント