現代人必見! 相手に嫌われずにストレスを解消する方法

人間、誰しも嫌いな人の一人や二人はいるもので、顔を見るだけでストレスが溜まってしまうこともしばしば。それだけでなく、他の環境からもストレスを受けていることが多いので、どこかでガス抜きをしないと人間狂ってしまいます。そこで今回は嫌いな人を見ながらもストレスを解消する方法を紹介します。自分を守りながらもストレスを解消できる方法です。


■嫌いな人を使ってストレスを解消する方法

あだ名を付ける

一番手っ取り早いのはあだ名を付けることです。それも皮肉の効いたあだ名をつけるのが良いでしょう。コツは「外見と内面」。外見の悪口を言いつつも内面を褒めているようなあだ名を付けるのがコツ。影でも公でも仕える手法です。

仲間を探す

仲間を見つけ徒党を組むことでもストレスが解消できます。共通の敵をお互いに知った時の盛り上がり具合と団結感は皆さんも共感できることかと思います。

■嫌われてしまったら……

あだ名の付け加減を間違えて怒らせてしまったり、そもそも関係がよろしくない場合はどうすれば良いのでしょうか。仕事上で大事な人の場合は更に大変です。

取り敢えず謝る

そういう場合は取り敢えず謝りましょう。人を怒らせた時は、意固地になると事態がこじれるので、表面的にでも謝ることが大事です。ほどほどに怒ってる人に「すみません、怒ってますよね?」と聞くと、割と収まります。

周りから説得させる

嫌われている人には自分がとやかく言っても、相手は聞く耳を持ちません。ですが、共通の友人となったら話は別。その人に周囲に自分を売り込み、周囲の人経由でいい印象を与えると説得されやすいです。

相手をリスペクトしながらも馬鹿にする有吉さんのような芸が出来るのが一番理想です。現在あまり浸透していない方法であるため、試すならば今が旬です。

『嫌われない毒舌のすすめ(有吉 弘行)』の詳細を調べる

    
コメント