アキレス腱のストレッチで勇気がわく!?

大勢を前にしてのスピーチ。子どものころにかまれて以来苦手な犬。口うるさい上司など、誰しも苦手なことはあるものです。今回は苦手なものに立ち向かう勇気をくれるアキレス腱のストレッチをご紹介します。


後ずさっている時、アキレス腱は?

「次は○○さんの挨拶です!」 スピーチの練習はしたはずなのに、大勢の目が突き刺さりいてもたってもいられません。できることなら逃げ出したい! そんなとき、知らず知らずのうちに後ずさっています。

子供のころに犬にかまれて以来、犬が苦手で小さな犬も怖がってしまう! 今なら自分の方が強いのに恐怖感がぬぐえません。大丈夫だと言い聞かせても目の前に犬がいるとつい腰が引けて、後ずさってしまいます。

大声で怒鳴っている人、理不尽だと思い、反論したいのですが、ついつい逃げ腰になって後ずさってしまいます。

逃げようとして後ずさっている時、アキレス腱は縮んでたるんでいます。このたるんだアキレス腱をストレッチして伸ばしてあげるのです。

猪木さんを見習う

プロレスラーのアントニオ猪木さんが相手に飛びかかろうとしている時、からだは前のめりになっていますね。その時、アキレス腱は伸びています。

猪木さんを見習ってアキレス腱を伸ばしてみましょう。

たちまちみなぎる勇気!!

なぜでしょう?

逃走から闘争へ

危険を感じたときの体の反応は3つあります。

  1. 闘争(fight 戦う)
  2. 逃走(flight 逃げる)
  3. 固着(freeze 身動きがとれなくなる)

身体の反応を2の逃走(flight 逃げる)や3の固着(freeze 身動きがとれなくなる)から闘争(fight 戦う)へと意図的に変えてやるのです。感情を変えるのが難しいときは身体から変えてみるのも時には効果的です。その時に役に立つのがアキレス腱のストレッチです。体を先に逃走から闘争に変えました。体の反応が逃走から闘争へと変化したとき、心にも微妙な変化が起こります。立ち向かう勇気がわいてきます。そこですかさず立ち向かうのです。ぐずぐずしているとまた恐怖心が戻ってくる危険性がありますから。

アキレス腱を伸ばすと勇気が湧きます。恐怖を感じた時には、アキレス腱を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

「ビジネスマンのための「平常心」と「不動心」の鍛え方(藤井英雄)」の詳細を調べる

    
コメント