感情を科学的にコントロールする

感情というのは、自分の内面から湧き上がってくるものだといったイメージがあります。しかしながら、場合によってはしっかりとコントロールすることも可能です。特に、怒りに関するアンガーコントロールは、様々な場面で必要なものだと言えるのではないでしょうか。


感情コントロールの方法は?

池田貴将による『動きたくて眠れなくなる。』(サンクチュアリ出版)は感情コントロールの方法について記された本です。特にそこにおいては、やりたくないの気持ちはどのように湧き上がってくるのか。それをこなしていくにはどうすればいいのかについて記されています。やりたくない、やる気がない、そうした気持ちが、仕事の効率を下げているのは言うまでもありません。しかし、感情のコントロールがスムーズにいけば、仕事も上手くいく、そうした選択肢があり得るのです。

実生活に当てはめる

本書の特徴は、数ある感情コントロールの方法で、実生活に当てはめて使えそうなものが抽出されている点です。毎日の法則、生活のパターンの中に、そうしたコントロールの方法を当てはめていくことによって、新たな道が開けてくることもあるでしょう。さらに感情というのは言うまでもなく自分の中から生まれてくるものでもあります。そこにおいては自発的にできあがるものであるため、それが結果的に自分自身への自信へも繋がっていくこともあるのです。まさにウィンウィンな関係になれる本だと言えるでしょう。

    
コメント