「月曜の朝を最高の気分で迎える」秘訣

月曜日の朝憂鬱になりませんか? その理由として

学校行くのまじ超絶だるい…
仕事行きたくねぇ…あのハゲ部長…
土日あっという間過ぎ…全然休めてねぇし…

という経験ありますよね。今回は、「月曜の朝を最高の気分で迎える」秘訣を紹介します。


考え方を変えよう

月曜の朝を最高の気分で迎える秘訣は、コップ半分の水を「もう半分しかない」と思うか、「まだ半分もある」と思うかです。

何もしないで過ごした週末を「ムダに過ごした」と思うか、「のんびりと過ごした」と思うか。どちらのほうが満足感を得られるでしょうか?

「ダラダラと時間をムダにしてしまった」と思うのではなく、「今日はゆっくりと過ごすことができた。これはこれでよかった」と思えばいいのです。

いい休日を過ごしたと思う

どんな過ごし方をしても、その日一日に感謝しましょう。雨が降ってピクニックの計画が流れたなら、「神様が休めと言っているんだ。ありがとうございます」と感謝し、熱っぽくて一日中寝ていたら、「平日じゃなくてよかった。これなら月曜には元気に出社できるぞ」と起こった状況を肯定的にとらえましょう。

月曜日の朝を迎えると憂鬱な気分になってしまう原因は、休日に不満を持って過ごしてしまうことです。どんな週末であっても、「いい休日だった」と心から思うようにしましょう。週のスタートから元気一杯で仕事に取り組むためには、そういう思い込みも必要なのです。

「月曜の朝を最高の気分で迎える」ためにも考え方を変えて、いい休日を過ごしたと思うようにしましょう。

「「全身の疲れ」がスッキリ取れる本(志賀一雅)」の詳細を調べる

    
コメント