激務な広告マンの心を支えている言葉とは? やる気が出る電通の「鬼十則」

博報堂と並び今でも日本の広告業界のトップを守り続ける「電通」。広告マンは何処の会社でも激務ですが特に電通は激務との噂。今回紹介する「鬼十則」では、電通マンが何故激務なのかが載っています。四代目社長である吉田秀雄が遺した仕事の掟:十箇条の「鬼十則」。今尚、電通マンの魂として存在する言葉は、電通マンに限らず、すべてのビジネスマンが参考にしたい名言です。やる気が出る「鬼十則」を紹介します。


1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

仕事は人が創ったもので、仕事が人を創ったのではない。自ら企画し、相手の問題点を解決するくらいの意気込みがなくてはもはや動かない。

2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

目的や目標を定めることが大切で、仕事は「未知への挑戦(創意工夫が求められる、ゼロから生み出す)」「ルーチンワーク」の2種類。前者が価値があることは言うまでもない。

3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

仕事は、人間力のビタミンであり、人間を育てもするし、駄目にもする。

4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

難しい仕事とやさしい仕事があるならば、進んで難しい仕事に手を挙げること。ビジネスパーソンが周囲から信用を獲得するには、常に難しい仕事に挑戦することが必要。

5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…。

やり始めたら、やり続けること。目的をもった人は、必ず成果を残し、成果を出せない人は、必ず目的がない。

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

自分の言葉で考える人、自分の意思で行動する人が強い。21世紀は「出る杭」にならなければ、生き残るのは難しい時代。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

意識化された計画は、確固たる目的となり、さらには具体的な目標となる。これからは、自分のゴールイメージを描ける想像力と創造力を持つこと。

8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

自信は心の問題で、生まれてから身に着けるのではなく、自ら身に着けるべきもの。人間の身長の成長には限界があるが、人間の自信と度量はどこまでも大きくなる。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

気配りは、創造的な人間でなければできないこと。一流と二流のビジネスパーソンの差は、八方に気を配るか四方に気を配るか。

10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

摩擦を恐れない積極人間とトラブルメーカーは天地の差がある。「出る杭」になっても打たれるべき。

電通マンが激務な理由が理解できたでしょうか。彼ら彼女らを超えるには、彼ら彼女ら以上に頑張らないといけないということですね。モチベーションややる気がなくなったときは、電通の「鬼十則」を思い出してやる気を出しましょう。

『電通「鬼十則」 (PHP文庫)(PHP研究所)』の詳細を調べる

    
コメント