やる気が出ないときにおすすめ! やる気を長続きさせる方法

一念発起してやってみようと思ったことも時間が経つと、やる気が長続きしなくなってしまうものですよね。効果がすぐには現れないと、そのやる気は結局行動に移せないまま、やる気自体失せてしまいます。そこで今回はやる気を長続きさせる方法を紹介します。


なぜやる気は長続きしないのか?

やる気はなぜ長続きしないのでしょうか? まず始めに認識しておきたいことは、感情ややる気は放っておいたら持続しないということです。感情ややる気を放っておいても持続するものだと考えてしまいがちですが、一度起きたやる気はそのままにしてはいけないのです。

受動的な体験を能動的な体験に

例えば、ある本を読んで「自分もそのうちやってみよう!」と思ったとしましょう。けれども、そのままでは「そのうち」という未来は永遠に訪れません。「やってみたい」という動機が受動的な体験に過ぎないため、時間の経過とともに消えてしまうからです。ここで重要なのが、受動的な体験を能動的な体験、つまり行動にすぐ移してみることです。やる気を行動に変えることで、受動的な体験が能動的な体験へとシフトし、一旦定着するようになります。

やる気が出ない人は潜在意識を変えてみるべし!

やる気が出ない人は自分に決して答えが出ない問題を投げかけている場合があります。例えば、現状仕事やプライベートで上手くいっていない時に、「どうして僕(私)は何をやってもダメなのだろうか?」などという質問を投げかけているのです。意識の上では、「こんな質問を考えることをやめようか」と決めても、潜在意識はずっとその質問の答えを探し求め、エネルギーを無駄に使ってしまいます。

そこで、潜在意識を変えるために自分の中の問いかけを少し変えてみましょう。上手くいっていない時や調子が悪い時でも「僕(私)には、何ならちゃんと出来るのだろうか?」などと、答えが出そうな質問を投げかけるのです。すると、答えのない問いかけに対する無駄な考えをやめて、自分の中に何らかの答えが生まれるでしょう。迷った時にも、やらない後悔よりやった後悔の方が、潜在意識的には、やってみた上での反省、気付きが得られるので、よっぽど生産的なのです。

潜在意識を無益に浪費してしまい、やる気が損なわれる場合があります。迷ったらまずは行動してみて定着させるのが良いでしょう。

「「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~(石井裕之)」の詳細を調べる

    
コメント