心からの喜びは仕事の中にある! 仕事のやる気を出す考え方

みなさんは仕事を楽しんでいますか? 仕事をしていく中で喜びを感じることはありますか? 実は心からの喜びは仕事の中にあります。JALを復活させた稲盛和夫さんが教えてくれる仕事のやる気を出す考え方を紹介します。


仕事の中にこそ喜びがある

人間がほんとうに心からの喜びを得られる対象というものは、仕事の中にこそあります。そういうと、仕事一筋では味気ない、人生には趣味や娯楽も必要だという反論が返ってくるかもしれません。しかし、趣味や遊びの楽しさとは、仕事の充実があってこそ味わえるものです。仕事をおろそかにして趣味や遊びの世界に喜びを見いだしたとしても、一時的には楽しいかもしれませんが、けっして心からわき上がるような喜びを味わうことはできないはずです。

苦しいからこそ喜びがある

もちろん仕事における喜びというのは、すぐ手に入るような単純なものではありません。それは苦しさやつらさの中からにじみ出してくるものです。仕事の楽しさとは苦しさを超えたところに存在します。だからこそ、働くことで得られる喜びは格別であり、遊びや趣味ではけっして手に入れることができません。まじめに一生懸命仕事に打ち込み、つらさや苦しさを超えて何かを成し遂げたときの達成感れに代わる喜びはこの世にはないのです。人の営みのうち最上の喜びを与えてくれる仕事において、充実感が得られないかぎり、他の何かで喜びを得たとしても、私たちには結局物足りなさしか残らないはずです。

仕事は人格を磨いてくれる

仕事に懸命に打ち込むことがもたらすと人間としての基礎をつくり、人格を磨いていく修行の役目も果たしてくれます。日常の労働がすなわち修行であり、一生懸命仕事に取り組むことが、そのまま悟りにつながる道なのです。

人生で大きなウェイトを占める仕事。同じ仕事をするなら真剣に取り組み、仕事の喜びを味わいましょう。仕事を楽しむことで仕事のやる気が生まれます!

「生き方 人間として一番大切なこと(稲盛和夫)」の詳細を調べる

    
コメント