なぜ公務員はやる気をなくしてしまうのか?

経済状況の影響のせいか今や高学歴の人気職である公務員。ただし、公務員になるとやる気がなくなってしまう人が多いようです。一体、なぜ安定した職業であるはずの公務員がやる気をなくしてしまうのでしょうか。そこで今回はなぜ公務員はやる気がなくしてしまうのか、そして公務員の意欲が上がる方法をご紹介します。


■公務員のやる気がなくなる原因

公務員のやる気がなくなる原因の一つに、過剰な公務員バッシングがあります。マスコミの公務員批判は相変わらず強いものがあります。また、住民からも、「勤務時間中に菓子を食べていた」「来庁者に対する口の利き方がなっていない」などと、さまざまなクレームが来ています。以前なら大目に見られていたことが非難されるようになったのです。

また、成果主義を初めとするマネジメントなどにも問題があります。そもそも公務員は会社で働くビジネスマンとは異なり、人民の「奉仕者」です。「お金持ちになりたい」「成功したい」という思いのもと仕事しているわけではないので、成果主義がうまくいくはずはありません。

■公務員制度改革はどのように変えたのか

小泉内閣や安倍内閣時代に閣議決定された公務員制度改革ですが、公務員のマネジメントを変えたのでしょうか? 答えは、ノーです。公務員制度改革を進めたことで評価が細分化されてしまい、評価にならない無駄な事をする余裕がなくなり、結果として情熱を持って仕事にのめりこむ人が減りました。

■どうすれば公務員の意欲が湧くのか?

公務員の意欲の源は

  • 住民・地域への奉仕精神
  • 達成感
  • 仕事が認められること

にあります。これらを高めるようなマネジメントを行わなければなりません。また、やる気を引き延ばすためには、自分が主体であるという意識を持つことを自覚させる必要もあります。意欲を持った職員を育てるためにも現場のマネジメントが重要になってきます。

震災などの時にも感じたのですが、やはり公務員はなくてはならない存在。過剰なバッシングなどを行って公務員の意欲を下げるのは一利もありませんね。

「公務員革命: 彼らの〈やる気〉が地域社会を変える(太田 肇)」の詳細を調べる

    
コメント