うつ病の前だった! 丸岡いずみと有村昆の出会い

バラエティ番組で引っ張りだこの丸岡いずみさんと有村昆さん。夫婦でバラエティ番組に出演などをし、人気となっています。でも、丸岡さんは有村さんと出会った頃うつ病になる前だったのです。テレビではなかなか語られない丸岡いずみさんと有村昆さんの出会いを紹介します。

有村昆との初めての出会い

夫となる映画コメンテーターの有村昆と初めて会ったのは、丸岡さんの体調が少しずつ悪くなり始めたときでした。有村さんがスポーツジムで走っている時、たまたま「情報ライブ ミヤネ屋」で丸岡さんを見て、ひと目惚れしたのです。周りの人に、 「丸岡さんっていいよね。好き、好き、大好き。かなりタイプ」 と言いふらしていたようで、そしたら、共通の知人がいることが判明したみたいです。その友人に、「ぜひ、会わしてほしい」と頼み込んで、男女6人の食事会が計画されたのです。 丸岡さんは有村さんのことをまったく知らず、「一体誰ですか? その方は」という感じでした。第一印象は、「ノリのいい楽しい人」。当時はお付き合いしている人はいませんでしたが、有村さんを「男性」として意識することはありませんでしたが、有村さんはかなり積極的でした。 その食事会の帰り道、下戸の有村さんが車で送ってくれることになりました。週刊誌のカメラマンに写真を撮られたら面倒なので、自宅から離れた場所で車を降りて、その時に携帯番号とメルアドを交換しました。翌日、すぐにメールをもらいました。それから、 「デートに行きましょう」 「ふたりだけで会いましょう」 といった、迷いのない直球メールが頻繁に届くようになりました。でも、土、日も取材に出かけるほど忙しかったので、なかなか会う時間が作れません。初めてのデートは、7月の終わり頃。すでに、丸岡さんのうつ病の具合は悪くなっていました。 「眠れたり、眠れなかったり」 「食べられたり、食べられなかったり」 の日々となっていたからです。気分も落ち込み気味でした。それでも、「病気の予兆」だとは考えていなくて、マッサージや整体などに通ってやり過ごそうとしていました。

初めてのデート

初めてのデートの場所は、世田谷にある砧公園でした。緑豊かな場所でくつろいだ時間を過ごして、癒されたかった丸岡さんのリクエストでした。 有村さんは猛烈に張り切っていて、まだ付き合ってもいないのに、散歩の途中、手を握ってきました。丸岡さんは振り払う気力すらなくて、握られたままにしていました。有村さんが用意してきた手持ちの花火も楽しみました。食事もしました。 「丸岡さん、すごく食が細いね」 「最近、なぜか食べる気がしなくて…」 こんな会話をしたことを丸岡さんは覚えているそうです。当時のことを振り返って、有村さんは、「おそらく、あれがうつ病の始まりだったのだよ」と言っています。

2回目のデートの後から眠れなくなった

2回目のデートで再会できたのは、暑い盛りの8月中旬の頃でした。ちょうど日本テレビで毎年恒例の「24時間テレビ 愛は地球を救う」の放送日でした。7月よりも体調不良は深刻で、心も体も悲鳴を上げている状態でしたが、 「ほがらかな有村さんと一緒に気晴らししたい」 という気持ちがあって、箱根までドライブに出かけました。とにかく自然の中で癒されたかった。のんびり足湯にも浸かりました。箱根でも、 「本当にあまり食べないよね。それにこの前より元気がないよ」 「いつもは食いしん坊だけれど、暑さのせいか、食欲がなくなっちゃった。お腹の調子も悪くて、下痢もしているの…」 「えっ、大丈夫なの?」 そんな会話を交わしたことを覚えています。その頃は四六時中、週刊誌の記者やカメラマンに追い回されていたので、相手の車のナンバーを控えるようにしていました。顔も覚えていました。 調子が悪くて気が滅入っている上に、写真を撮られないように常に注意を払いながらのデートだったので、帰ってきたらもうぐったりでした。うつ病と診断される前にデートしたのは、この2回だけでした。 体調が急降下していた時期だったので、有村さんのことを受け入れて、好きになる気持ちの余裕なんてありませんでした。 「自分が自分でいる」 それだけで精一杯です。箱根から帰ってきた夜。丸岡さんはこの夜を境に、とうとう一睡もできなくなってしまいました。それから 「まったく眠れない」 「まったく食べられない」 という、人生史上最悪の絶不調が始まったのです。そして、うつ病へ… 今回のお話は、丸岡さんの著書「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」より紹介しました。有村さんとの出会いや結婚にいたったきっかけ、うつ病患者との付き合い方などがわかります。うつ病に悩んでいる人だけでなく、うつ病の恋人がいる人にも読んでもらいたいおすすめの本です。 次の記事「うつ病との闘いを乗り越えた丸岡いずみと有村昆が結婚した理由」 前の記事「丸岡いずみがうつ病になった理由」 参考本「仕事休んでうつ地獄に行ってきた(丸岡いずみ)」