人はなぜタバコを吸うのか?

喫煙者というのは年々減りつつあります。それでも喫煙者がタバコをやめないといった現象は広くあると言えるでしょう。タバコをやめる理由としては経済的な問題や、あるいは健康を考えてのことといったさまざまです。しかし、それはその人固有の理由であって、それが広く言われているものだとしても俄かには信じがたいこともあるでしょう。


反対から考えてみる

それならば反対から考えてみるというのもひとつの方法だと言えるかもしれません。すなわち、人はなぜタバコを吸うのかということですね。タバコにはニコチンが含まれています。このニコチンが脳に心地よい刺激を与えるためと言われています。

間が持つ

さらに喫煙というのは一定の時間をかけて行われるものです。人間の会話というものはふっと途切れる瞬間といったものがありますよね。そうした時にタバコがあれば間が持つといったことも言われています。いわばタバコは人間のコミュニケーションの手段のひとつ、あるいはその延長線上に位置づけられているといったこともあるにはあるかもしれません。

依存である?

タバコを吸うのはもはや習慣のひとつでしょう。それはその頻度によっては依存のひとつの形態であるとも言えますね。それでも、わかっちゃいるけどやめられないというのがひとつの結論ではないでしょうか。

    
コメント