腰痛で一番の原因「筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)」になる理由

  • 椅子から立ち上がると腰が痛い
  • 長い時間立っている腰痛が…
  • ずっと歩いていると腰が痛くなる…

このように腰痛の症状に悩まされている人は多いですよね。腰痛の原因には、

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部変形性脊椎症
  • 脊椎分離症
  • 脊椎すべり症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 骨粗鬆症で起きる圧迫骨折

など様々な原因がありますが、腰痛になる一番の原因は、「筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)」であることが多いです。筋肉が硬くなったり、炎症が起きることで腰痛の原因となってしまうのです。


筋筋膜性腰痛となる原因

筋筋膜性腰痛は、筋肉の炎症や損傷、筋肉が硬くなってしまうことが原因で腰痛を引き起こします。ズキズキ痛むときは、筋肉の炎症や損傷になっています。腰が重いときは筋肉が硬くなっています。

筋筋膜性腰痛となっているときは、脊柱起立筋、腰方形筋、広背筋が硬くなっていたり、炎症を起こしています。これらの筋肉は、身体をまっすぐに立てたり、後ろに反らせるための働きをしています。

筋筋膜性腰痛となる本当の原因

脊柱起立筋、腰方形筋、広背筋などの筋肉に炎症が起きたり、硬くなってしまう本当の原因があります。それは大腰筋の拘縮(こうしゅく:筋肉が持続的に収縮してしまうこと)です。大腰筋が縮んだまま、元に戻らなくなってしまうのです。伸びたり、縮んだりする筋肉が縮んだままの状態になってしまうため、腰痛が生まれてしまうのです。

大腰筋以外にも股関節を前に曲げる働きをする大腿直筋の拘縮も筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)の原因のひとつです。

筋筋膜性腰痛で痛みが出る姿勢

最も痛みが出やすい姿勢は、体を後ろに反らせる姿勢です。体を後ろに反らせると腰が痛いのは、大腰筋が縮んでいるからです。大腰筋が縮むのは、座っている姿勢が多かったり、間違った腹筋運動をしていたり、腎臓機能が弱っているなどの理由があるからです。

腎臓と腰痛の関係性

筋肉は内臓は身体の中でつながっており、腎臓は大腰筋と関係があります。そのため、大腰筋の縮みが慢性化すると、腎臓機能の低下を引き起こしやすくなるのです。

筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)は腰痛で一番多い原因だったのです。

次の記事

「身体を後ろに反らすと痛い! 筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)の症状」

前の記事

「筋肉の拘縮が進行するとどうなるの?」

参考リンク

「腰痛の原因 その1」

    
コメント