腎臓が弱ると腰痛の原因になる!? ストレスを貯めやすい頑固者は腰痛に注意!

腰痛には骨や筋肉など様々な原因がありますが、腎臓が弱ることも腰痛の原因となります。そして、腎臓を痛めやすい人にはある性格の特徴があります。


腎臓が弱る原因

糖尿病による毛細血管の劣化、タンパク質などの栄養不足、疲労、睡眠不足、冷えや精神的なストレスなどが原因で、腎臓が弱ってしまいます。これらの原因の中で特に問題なのは、「精神的なストレス」です。

腎臓を痛めやすい人の特徴

腎臓を痛めやすい人は「頑固者」という特徴があります。自分の考えをしっかりと持っているために、腎臓を痛めやすいのです。人から指図されることが大嫌いで、他人の言いなりにはなりません。そのため、揉め事が多く、ストレスフルな生活となり、腎臓を痛めやすくなってしまうのです。

自分の考えを持っていることは長所でもありますが、時には何も考えず、人の意見を聞くと腎臓が傷みにくくなり、腰痛も起きにくくなります。

腰痛を改善する対処法

頑固者な人は、時にはちょっといい加減になって、人の意見も取り入れる器の大きさを示すとストレスが減り、腰痛で悩むことも少なくなります。同時に筋肉を正しい方法でゆるめると相乗効果でもっと楽になります。

「腰痛改善に役立つ記事」の詳細を調べる

    
コメント