筋肉の拘縮が進行するとどうなるの?

先ほどの記事では、筋肉が拘縮する仕組み

について紹介しました。では、筋肉の拘縮が進行すると、どんな症状が表れるのでしょうか?


第1段階

筋紡錘が働き、伸張反射が起きると、筋肉は縮まり、筋肉を守ろうとします、初期段階では、痛みが出ることもあまりなく、筋肉が硬くなったと意識することもありません。

第2段階

硬く縮まった筋肉は、伸びることも縮むこともできなくなっていき、周りの筋肉に影響を与え始めます。縮んでしまった筋肉の働きを補強するために、周りの筋肉に無理が生じます。そして、周りの筋肉の筋紡錘が反応し、伸張反射が起き始めます。筋肉が拘縮する範囲が広がり、痛みやこりを感じ始めます。

第3段階

第2段階の状態をさらに放置すると、身体は痛みに対して鈍感になり、痛みやコリが軽くなったように感じることも。この時感じる痛みは、鈍痛・重い・だるいと表現されやすいです。筋肉が縮んだ状態が慢性化しています。

この段階の筋肉を圧迫すると「痛いが気持ち良い」とか「くすぐったい」という感覚になっています。この段階になると、筋肉に血流障害が起き、筋肉の栄養である酸素やナトリウムなどのミネラル群が、届きにくくなっています。

第4段階

さらに放置すると、筋肉はますます硬くなり、筋肉を包んでいる筋膜などが水分を失い、ひからびたようになっていきます。この段階の筋肉を圧迫すると、触られている感覚が鈍くなり、ゴリゴリとした感触になっています。

第3、4段階の筋肉になると、ほんの少しの刺激でも過敏に反応することがあります。ぎっくり腰や寝違い、脚がつるなどの症状が起きやすくなります。「背骨や骨盤のゆがみ」がはっきり現れる時期です。

この段階になるとストレッチをすると痛くなり、無理に伸ばすとますます筋肉は、収縮します。同じように強いマッサージなども逆効果です。

このように、筋肉が拘縮した場合は、筋肉を緩めることが必要です。拘縮を解除するには、セルフ整体という自力で拘縮を解除するメソッドが有効です。お試しあれ!

次の記事

「腰痛で一番の原因「筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)」になる理由」

前の記事

「筋肉が拘縮する仕組み【腰痛や肩こりの本当の原因】」

参考リンク

「筋肉の拘縮(ロック)と拘縮の解除方法」

    
コメント