腰を後ろに反らすと痛い腰痛の原因は、背中側の筋肉よりもお腹側の筋肉が硬くなっているから

腰痛の原因は、「筋肉が硬くなる」ことから生まれています。肩こりは、肩の筋肉が固くなることが原因で起きるように、腰痛も筋肉が硬くなってしまうことが原因で起きます。腰の痛みは背中側にあるため、背中側の筋肉が硬くなっていることが原因で腰痛となっていると考えがちですが、実はお腹側の筋肉が硬くなっていることが原因だったのです。


腰痛の種類

お腹側の筋肉が硬くなっていることが腰痛の原因ですが、その前に腰痛の種類について理解することが必要です。腰痛には、「痛みの出る場所」と「痛みが出る姿勢」によっていくつかの種類に分けることができます。そして、一番腰痛で多いのが、「腰を後ろに反らせると痛い」というものです。

この、腰を後ろに反らせると痛みが出る腰痛は、背中側の筋肉ではなく、お腹側の筋肉が硬くなる事で起こります。ここで言うお腹側の筋肉とは「大腰筋」という筋肉のことです。

大腰筋

大腰筋は背骨と大腿骨(太ももの骨)を繋いでいる筋肉で姿勢の保持や体を前に曲げたり、股関節を曲げたりする場合に使われる筋肉です。

大腰筋は、間違った鍛え方をしてしまうと縮んでしまいます(拘縮した状態となる)

。縮んだ大腰筋は、猫背型の腰痛を作り出す原因となっています。

大腰筋が硬くなると?

筋肉が硬くなると、筋肉は常に縮んだ状態となります。筋肉が硬くなると、伸びることも、縮む事も出来なくなります。例えば、左側の大腰筋が右側の大腰筋よりも強く縮んでいると、左側の骨盤が右側よりも強く引っ張られるため、骨盤の歪みが生じてしまうのです。

また、大腰筋がきちんと伸びない状態(大腰筋は収縮した状態では、身体を前に曲げる)なのに、体を無理矢理後ろに反らすと、前側の筋肉は伸びないので、椎間板をつぶすような力が加わり、ヘルニアの原因となります。

また、背筋を伸ばしても、テンションがかかっている状態となってしまいます。すると、無意識のうちに、お腹側の筋肉のテンションを逃がそうとするため、体を少し前に曲げた状態となってしまい、猫背の原因となってしまいます。

腰が痛いとどうしても、背中側の筋肉が原因になっていると考えがちですが、腰を後ろに反らして痛い場合は、実はお腹側の筋肉が原因だったのです。腰痛を解消するには、正しい腰痛の知識を知ることが大切です。

次の記事

「腰痛の原因は背骨の変形は嘘? 高齢者になっても腰痛は改善できる」

前の記事

「筋筋膜性腰痛になる本当の原因は大腰筋が拘縮することだった!」

情報提供元

「え?腰痛の原因は背中側の筋肉ではなくお腹側の筋肉?」

    
コメント