腹筋と背筋運動が腰痛の原因? なぜ、腹筋を鍛えても腰痛は改善しないのか?

腰痛には多くの人が悩んでいます。そして、腰の痛みが我慢の限界を超えて初めて、整形外科へ行くのではないでしょうか? 病院へ行くと、

「あなたの腰痛は、腹筋と背筋が弱っていることが原因なので、腰痛治療をするためにも、背筋と腹筋運動をしましょう」

と言ったアドバイスを受けます。しかし、このアドバイス通りに腹筋や背筋運動をしても、腰痛は解消されません。そもそも、病院に行くくらい痛いので、腹筋や背筋運動なんてできないのが現状です。実はこのアドバイスは、正しい筋肉の知識がないと、かえって腰痛を悪化させる原因となってしまいます。


腰痛の原因は本当に腹筋と背筋が弱っているから?

先ほどのアドバイスのように、腰痛は腹筋・背筋が弱っているから起きるのでしょうか? もしも、腹筋や背筋が弱いから腰痛になってしまうのであれば、腹筋や背筋を鍛えているスポーツ選手に、腰痛は発生しないことになります。

しかし、スポーツ選手も腰痛で悩んでいます。中学や高校の部活で毎日腹筋運動や背筋運動を100回以上していても、腰痛に悩んでいる人もたくさんいます。また、筋肉は加齢とともに弱くなっていきますが、年をとっても必ず腰痛になるわけではありません。そのため、「腹筋と背筋が弱る=腰痛の原因」とはならないのです。

腹筋運動で腹筋以外の筋肉を鍛えている?

多くの人が実践している腹筋運動は「大腰筋+大腿直筋」の運動です。腹筋の働きは、完全に体を起こすもっと前で終わっており、おへそをのぞき込むところまでで腹筋の働きは完了しているのです。

完全に体を起こす腹筋運動で使う筋肉は「腹筋」ではなく「大腰筋+大腿直筋」です。多くの人が、腹筋運動をするときに、完全に身体を起こしていますが、これはもはや腹筋運動ではなく「大腰筋+大腿直筋」を鍛える運動となっています。

大腰筋って?

大腰筋は背骨と大腿骨(太ももの骨)をつなぐ筋肉で、姿勢を保持したり、体を前に曲げたり、股関節を曲げたりする場合に使われる筋肉です。大腰筋が硬くなると、前傾姿勢をとることが楽な状態となるため、猫背型腰痛となりやすいのです。

腹筋するほど筋肉は硬くなる

大きな負荷を加えて筋肉を鍛えると、筋肉はどんどん硬くなります。完全に身体を起こす、いわゆる腹筋運動(大腰筋運動)を行うと、負荷がかかりすぎて筋肉は硬くなっていきます。このように硬くロックした筋肉が増えてくると、腰痛を引き起こします。

腹筋運動のしすぎは腰痛を悪化させる

腹筋運動をすることで、大腰筋や大腿直筋が硬くなっていきます。これらの筋肉が硬くなった状況で、今度は背筋運動を行うと、大腰筋と大腿直筋に無理な負荷をかけてしまい、大腰筋と大腿直筋をさらに硬くしてしまいます。正しい筋肉の知識を持たないで、病院のアドバイス通り、腹筋・背筋運動を行うと、逆に腰痛を悪化させてしまうのです。

腰痛があるなら腹筋・背筋運動はやめよう

腰痛を解消する為に、腹筋・背筋運動を行っている人は、まず腹筋・背筋運動をやめましょう。腹筋・背筋運動は筋肉を硬くし、腰痛を悪化させるリスクが高いです。

腰痛改善には筋肉を柔らかくすることが大切

そこで、腰痛改善を行うには、正しい方法で筋肉のロックを解除し、筋肉を柔らかくすることが必要です。筋肉はシートベルトの仕組みと似ており、シートベルトのロックを外すように、筋肉のロックをうまく解除しないと、筋肉がそのままロックされた状態となってしまいます。

そこで、筋肉のロックを自力で解除できるセルフ整体が有効です。腰痛を解消するために、腹筋・背筋運動を行うのではなく、正しい腰痛改善の知識を持って、腰痛の原因となっている筋肉のロックを解除しましょう。

次の記事

「お医者さんが腰痛の原因をわかってない? 病院に行っても必ず治療されるとは限らなかった!」

前の記事

「前屈できないほど腰が痛い? 腰を前に曲げると痛む腰痛の原因」

参考リンク

「腹筋と背筋を鍛えれば、腰痛は改善する?」

    
コメント