椎間板ヘルニアは本当に腰痛の原因なのか?

腰痛といえば、椎間板ヘルニアが原因であるとよく言われます。「ヘルニアだから腰が痛い」という声はよく耳にしますよね。では、本当に椎間板ヘルニアが腰痛の原因なのでしょうか?


ヘルニア=はみ出す

ヘルニアとは、「はみ出す」という意味です。そのため、腰のヘルニアは、腰椎椎間板ヘルニアと呼ばれます。

椎間板ヘルニアは腰痛の原因?

レントゲン発明により、背骨のクッションである「椎間板」がはみ出す椎間板ヘルニアが発見され、それ以降「腰椎椎間板ヘルニアが、腰痛の大きな原因である」と考えられました。そのため、「レントゲン→ヘルニア→手術」という流れができ、「ヘルニアが腰痛の原因なので、手術で除去しましょう」と言われるので、「ヘルニア=手術」となっています。

しかし、腰椎椎間板ヘルニアは本当に腰痛の原因なのでしょうか? なぜなら、腰痛の原因になっている椎間板ヘルニアを除去しても、必ずしも体が改善されるわけではないからです。

椎間板ヘルニアは腰痛の原因ではない根拠

腰椎椎間板ヘルニアになってしまうのは、ヘルニアが起きた原因にあります。原因があるから、腰椎椎間板ヘルニアという結果が生まれます。

実際の腰椎椎間板ヘルニアが起きる理由は、筋肉が硬くなるからです。筋肉が硬くなり、身体が歪み、椎間板などに負荷がかかることで椎間板がはみ出してしまうのです。そのため、ヘルニアは結果であって原因ではないと考えるのが妥当です。

次に、椎間板ヘルニアが腰の痛みを必ず生むわけでもありません。実際、筋肉をゆるめることで腰の痛みがなくなったが、椎間板ヘルニアは出たままというケースもあります。その一方で、椎間板ヘルニアのはみ出しはなくなったのに、腰痛はそのままというケースもあります。

椎間板ヘルニアによる腰痛は、あくまで結果にすぎないのです。椎間板ヘルニアを治療するには、椎間板ヘルニアを引き起こす硬くなった筋肉をゆるめることが有効です。

次の記事

「現役整体師が教えてくれる! 椎間板ヘルニア治療に手術は必要なのか?」

参考記事

「自分の力で腰痛を改善できるセルフ整体」

情報提供元

「椎間板ヘルニアは本当に腰痛の原因?」

    
コメント