腰椎椎間板ヘルニアのレーザー手術は根本的な腰痛治療にはならない!

腰椎椎間板ヘルニアを治療する場合に手術を検討する人も多いのではないでしょうか。以前は背中を切り開く手術が主流でしたが、現在では背中の切開を必要としないレーザー手術を受ける人も増えています。腰椎椎間板ヘルニアのレーザー手術は、痛みや症状を取り除いてはくれますが、根本的な腰痛治療とはなりません。


腰椎椎間板ヘルニアのレーザー手術とは

レーザーを使った腰椎椎間板ヘルニアの手術は、椎間板の中の髄核にレーザーファイバーを刺し込み、レーザーを照射することで髄核を蒸発させ椎間板ヘルニアを治療します。腰椎の椎間板の一部をレーザーで溶かし、出来た空洞部分に、はみ出した椎間板を戻し、神経の圧迫などを取り除きます。

背中を切る必要もなく、入院期間も短いため、脊椎固定による手術よりもレーザー手術を選ぶケースが増えています。ただし、保険適用はされないため、手術費用はかなりの高額となります。

レーザー手術も根本的な腰痛治療にはならない

このようにメリットだらけのようにみえるレーザー手術ですが、いくら手術で椎間板を元に戻したところで、椎間板ヘルニアを生み出した本当の原因を解消したわけではありません。痛みや症状がなくなっても、原因を取り除かなければ、ヘルニアの再発を生み出します。

椎間板ヘルニアのレーザー手術も対症療法にすぎないのです。腰痛治療は、本当の腰痛の原因を解決することでしか、本当の治療をしたことにはならないのです。

椎間板ヘルニアのレーザー手術を受ける前に、椎間板ヘルニアの本当の原因となっている硬くなった筋肉をゆるめることが有効です。自力で筋肉を緩めることができる「セルフ整体」という手法もあります。手術の前に整体で対処できないかも検討してみましょう。

前の記事

「病院で椎間板ヘルニアを外科手術しても腰痛は再発する?」

参考記事

「自力で腰痛を改善できるセルフ整体とは」

情報提供元

「腰椎椎間板ヘルニアの外科的手術が腰にさらなる害をもたらす可能性 2」

    
コメント