ぎっくり腰とは何か? ぎっくり腰が起きてしまう原因

腰痛で代表的な「ぎっくり腰」。その名前の通り「ギクッ」とくる痛みが特徴的です。今回は、ぎっくり腰とは何か、ぎっくり腰になってしまう原因を紹介します。


ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰とは、腰の筋肉の痙攣(けいれん)と、痙攣に伴う組織の炎症のことで、急性の腰痛です。ぎっくり腰は「肉離れ」に近く、「腰椎ねんざ」と言われることもあります。

ギックリ腰はいきなり起きない

いきなり「グキッ」っと腰が痛くなるから、ギックリ腰と考えている人も多いのですが、いきなりギックリ腰になるわけではありません。一定以上の筋肉が固くなることで、ギックリ腰になりやすい状態が進行しており、一定レベルを超えたタイミングで初めてギックリ腰になってしまうのです。

ぎっくり腰が起きてしまう原因

ぎっくり腰が起きる時は、ぎっくり腰が起きる前兆があります。それは、腰の重さやだるさなどです。ただし、健康な筋肉状態であれば、かなりの無理をしない限り、ぎっくり腰にはなりません(重い荷物を持った状態で階段を踏み外すなど)。

ぎっくり腰になる準備段階とは

ただし、気をつけないといけないことがあります。それは、多くの人の腰は、いつでも「ぎっくり腰」になる準備段階にあることです。このぎっくり腰になる準備段階とは、「筋肉の伸び縮みを制御する筋紡錘」が働き、筋肉に「縮みなさい」という命令を出している状態のことです。この筋紡錘の命令によって、腰の一部の筋肉がロックされ、伸び縮みしにくくなっている状態のことです。

筋肉は多くの筋繊維で構成されており、この準備段階では一部の筋繊維がロックされている状態のめ、「重い・だるい」という自覚症状があるくらいです。しかし、このようにロックされた筋繊維があると、正常な筋繊維の負担も大きくなり、ロックされた伸び縮みしにくくなっています。

そして、一定数の筋繊維がロックされると、筋繊維が一斉に縮みます。この縮み方の強さで、腰周囲の筋肉や組織が傷つき、炎症を起こします。この炎症の痛みが、ぎっくり腰の「ギクッ」という痛みなのです。

このように、痛みの自覚がない準備段階の状態を放置すると、筋肉の疲労が溜まっていきます。疲労して固くなった筋肉は、筋肉を正常に働かせる栄養である「酸素」や「ミネラル類」が行き届かなくなり、最終的にぎっくり腰を引き起こしやすくなります。

このように、ぎっくり腰はいきなりなるわけではなく、痛みがない状態で少しずつ進行しているのです。

次の記事

「ぎっくり腰の応急処置と治し方」

情報提供元

「ぎっくり腰はクセになる?」

情報提供元

「ギックリ腰の痛みが消えたから思いっきりスポーツしたら…、再び腰痛…。どうして?」

    
コメント