耳の神経痛は首や肩の筋肉が硬くなっていることが原因のケース【胸鎖乳突筋が硬い?】

耳の神経痛(耳の中や奥が痛い!)は、耳に原因があることが多いのですが、それ以外にも首や肩の筋肉が硬くなっていることが原因のケースもあります。実際、整体で筋肉を柔らかくすることで耳の神経痛が改善するケースがあります。


耳の痛みの原因は筋肉?

ある整体店のお客さんで、「病院で耳の神経痛」と言われた患者さんがいました。そこで、患者さんの筋肉をみてみると、かなり筋肉が硬くなっていました。全体的な歪み、肩こりもあり、特に頭の骨と鎖骨を繋ぐ「胸鎖乳突筋」という筋肉部分がかなり硬くなっていました。

「胸鎖乳突筋」は鎖骨から耳の斜め後ろ部分につながっており、耳に影響を与えることがあります。そこで、身体全体の筋肉をゆるめたあとに、「胸鎖乳突筋」を緩めたところ、その場で耳の痛みが消えたのです。

このように耳の痛みは、外耳炎や中耳炎など耳が直接の原因となっているケースが多いですが、耳の病気ではないのに痛みがある場合、耳に関連する筋肉が硬くなっていることが原因のことも多いのです。

病院でも治療ができない耳の痛みがある場合、耳に関連する筋肉が硬くなっていることが原因かもしれません。耳に謎の痛みがある人は、耳に関する筋肉を緩めることが有効なことがあります。お試しあれ!

前の記事

「虫歯がないのに歯茎が腫れたときの対処法【首や肩の筋肉を緩めよう!】」

情報提供元

「耳痛の原因と対策」

    
コメント