簡単楽ちん! お金をかけずに自分で肩こりを改善する方法

肩こりにお悩みの方は多いのではないでしょうか? でも、マッサージや整体に行くお金はないから痛みを我慢していませんか? でも、安心してください。お金をかけなくても、簡単に、しかも自分で肩こりを改善する方法があります。


お金をかけずに肩こりを自分で改善する方法

まず、肩こりの原因となる僧帽筋の上側をゆるめましょう。僧帽筋は、パーカーのフードがかぶさる部分にあり、首から背中にかけて表層にある筋肉です。肩こりは、この僧帽筋の上部が大きな原因となっています。この僧帽筋の筋肉を柔らかくすれば、肩こりは楽になります。

1. 仰向けに寝ます

上部僧帽筋をゆるめるには、仰向けに寝て、腕を上に上げます。肩の上側にある固い部分をたるませるイメージです。足は楽にしてください。

2. 固くなった筋肉を探します

肩上部の凝っている部分はすぐに見つけられると思います。左手で右肩上部(てっぺんのあたり)の固い部分を押さえてください。

3. 筋肉がゆるむ姿勢をとります

左手で右肩を押さえたまま、右腕を上に上げます。腕を上げきったらゆっくり左右に動かして角度を変えながら、違和感が最も消える姿勢を見つけます。

手を上げただけで違和感が消えればそれでOKです。消えなければ腕を頭側に近づけ、それでも消えなければ顔を左に向けてみてください。固くなった部分が首に近いほど、腕を首に近づけたほうがゆるみます。

4. 90秒キープします

左手を離し、そのままリラックスした状態で90秒キープします。力を抜くと右手が外側に開いてしまう場合は、左手で支えてください。

5. ゆっくり元の姿勢に戻します

90秒経ったら、左手を使いながらゆっくりと腕をおろしていきます。ゆるめている筋肉そのものに力が入らないように注意してください。反対側もやりましょう。寝転がることができる状況なら、腕を上げて寝ていればいいのでとても簡単です。

今回紹介したのは、「セルフ整体」を利用した自分で肩こりを改善する方法です。体の痛みを治したいけれど、マッサージに行くお金がない人は、セルフ整体を身につけて自力で痛みを取っちゃいましょう! 「「体の痛み」の9割は自分で治せる たった90秒! 超簡単セルフ整体術 」では、セルフ整体のやり方がたくさん紹介されています。参考にしてみてはいかがでしょうか?

次の記事

「たった90秒! 大腰筋をゆるめるだけで腰痛を改善してしまう方法」

前の記事

「めんどくさがり屋に最適! 3日に1回たったの90秒筋肉をゆるめるだけで痛みがとれるセルフ整体」

参考本

「「体の痛み」の9割は自分で治せる たった90秒! 超簡単セルフ整体術(鮎川史園)」

    
コメント