肩の筋肉カッチカチやぞ! それはもう肩こりの末期症状です。知っておきたい痛みに関する誤解

「肩の筋肉カッチカチやぞ! 揉んでも何も感じないから強めにマッサージして!」 「それはもう重症です」 「悔しいです!」 このように、カッチカチに固くなった筋肉にマッサージをしても何も感じないことがあります。そして、この状態になってしまっていると、肩こりは末期症状です。末期症状になる前に知っておきたい肩こりの痛みに関する誤解を紹介します。

痛みにはレベルがある

肩こりや腰痛などの痛みにはレベルがあります。本来のやわらかい筋肉をグリグリと押した場合、ただ押されている感覚があるだけで、レベル0とします。しかし、筋肉が固くなり始めると、痛みの感じ方は変化していきます。

痛みの感じ方レベル

レベル0→ただ押されている感覚 レベル1→痛い レベル2→痛いけど気持ちいい レベル3→気持ちいい レベル4→くすぐったい レベル5→何も感じない 「痛い」のが一番悪いと思っている人が多いですが、実は逆です。「痛い」状態はむしろ良い状態です。逆に「何も感じない」のはもう末期症状です。末期症状になる前に筋肉を柔らかくする必要があります。 筋肉をカッチカチにせず、柔らかくするために有効な、自力でできるセルフ整体という方法があります。末期症状になる前に試してみましょう! 次の記事「90秒で痛みが取れる!? 自分で肩、腰、首の痛みが改善できちゃう「セルフ整体」」 前の記事「肩こりや腰痛の原因! 筋肉が固くなる理由」 参考本「「体の痛み」の9割は自分で治せる たった90秒! 超簡単セルフ整体術(鮎川史園)」