90秒で痛みが取れる!? 自分で肩、腰、首の痛みが改善できちゃう「セルフ整体」

肩、腰、首の痛みに悩んでいる人は多いのではないでしょうか? 病院に行っても全然治らないし、お金もかかるので痛みをそのまま我慢していませんか? そんな痛みで悩んでいるあなたに朗報です! 自力で腰痛が改善できちゃう「セルフ整体」という方法があります。しかも、たったの90秒で体の痛みが取れちゃうんです。


セルフ整体の流れ

それでは、セルフ整体の基本的な流れを説明します。肩、腰、首など、どの部分の筋肉をゆるめるにしても、基本の流れはすべて同じです。

1. 固くなった筋肉を探す

グリグリっと押さえてみると、固いと感じる(違和感を感じる)筋肉が見つかります。痛い、気持ちいい、くすぐったいなどの感覚もあります。

注意点は、痛い場所と固くなった筋肉が同じとは限らないことです。たとえば、腰が痛いとき、多くの場合は腰側の筋肉が固くなっているのが原因というわけではありません。お腹側の筋肉が固くなって縮んでいるので、腰の筋肉に負荷がかかって痛いのです。

2. 押さえる力はそのままで、痛み(違和感)が消える姿勢を探す

固くなった筋肉をたるませるようなイメージです。あくまでも「たるませる」のであって、力を入れて縮めるのではありません。たとえば、腕を曲げて力を抜いてみてください。力こぶ部分は、力を入れていなければやわらかいですよね。

3. リラックスした状態で姿勢をキープ

90秒間、力を入れることなくリラックスして姿勢を保ちます。最初に押さえるのに使っていた手は離し、姿勢をキープするのを支えるために使うなどします。ずっと押さえている必要はありません。

4. 90秒経ったら、ゆっくり戻す

戻すときにゆるめていた筋肉に力が入らないようにします。リラックスしていて、筋肉がゆるんだ状態のときに急激な負荷がかかると、再び筋肉が固くなってしまいます。90秒ゆるめたあとは、最も固くなりやすい瞬間です。パっと力を入れて戻すのではなく、手を添えるなどしてゆるめている筋肉に力が入らないようにゆっくり戻しましょう。

5. ゆるんだことを確かめる

最初にグリグリと押した箇所を触って、違和感が取れているかどうか確認します。筋肉と対話するような気持ちでやってみて下さい。

たったこれだけです! 肩こり、腰痛、首の痛みなど体の痛みが悩んでいる人はぜひ試してみてください。

次の記事

「なぜ、90秒で「セルフ整体」は肩こりや腰痛の痛みがとれるのか?」

前の記事

「肩の筋肉カッチカチやぞ! それはもう肩こりの末期症状です。知っておきたい痛みに関する誤解」

参考本

「「体の痛み」の9割は自分で治せる たった90秒! 超簡単セルフ整体術(鮎川史園)」

    
コメント