時間管理より「筋肉管理」が仕事の質を上げる秘密!? 90秒でできる「筋肉管理」のコツ

生産性向上、スケジュール管理、プロジェクト管理など時間管理の重要性が叫ばれています。しかし、仕事の質を上げるためには時間管理よりも「筋肉管理」のほうが有効ということを知っていますか? 今回はたった90秒でできる「筋肉管理」のコツを紹介します。


「筋肉管理」で本来の能力が発揮できる!

「筋肉管理」というと、筋肉トレーニングを想像してしまいますよね? そうではなく、固くなった筋肉をゆるめることを意味しています。

実は、筋肉を本来のやわらかさに戻すだけで、本来の能力を発揮できるベストコンディションを維持することができます。あるマラソン選手が、筋肉を本来の柔らかさに戻しただけで、自己ベストを更新した事例もあります。

仕事も「筋肉管理」が重要

スポーツだけでなく仕事も、筋肉を本来の柔らかさに戻すだけでベストパフォーマンスを出すことができます。仕事で本来の能力が発揮できなくなっているのは「筋肉が固くなっている」からです。

頭痛、肩こり、腰痛などの身体の痛みは、筋肉が固くなっていることが原因です。そのため、筋肉を元の柔らかさに戻すだけで、身体の痛みが軽くなり仕事の質が上がるのです。それでは、「筋肉管理」の方法をみていきましょう。

「筋肉管理」のやり方

「筋肉管理」をするには、以下の5つを実践するだけ!

  1. 固くなった筋肉を探す
  2. 違和感が消える姿勢を見つける
  3. 90秒間姿勢をキープする
  4. ゆるめた筋肉に力が入らないようにそっと元に戻す
  5. 違和感が消えていることを確認する

この手順を痛みの原因となっている筋肉へ行うだけ! 

最近仕事の効率が上がらないと悩んでいるビジネスマンは一度試してみてはいかがでしょうか? 詳しい方法は、「仕事力を一瞬で上げるカラダのスイッチ(著:鮎川史園)」に紹介されています。お金もかからず、自分でできる「筋肉管理」テクニックなので、おすすめです。

「仕事力を上げる身体のメンテナンス方法」の詳細を調べる

    
コメント