睡眠

睡眠に役立つ情報を紹介しています。体内時計の仕組み、眠くなる理由、徹夜、仮眠などの睡眠法、睡眠障害や不眠症の治療方法、眠れない時の対処法、眠気覚ましなど、睡眠で悩んでいる人がぐっすり眠れるようになる情報を紹介しています。

  • 朝シャワーで目が覚める理由

    朝起きても眠気が覚めない日があります。そんなときは、朝シャワーを浴びることをおすすめします。朝シャワーで眠気が覚める理由を紹介します。 朝シャワーの効果 朝の体を目覚めさせるには、体温と血圧を上げることが大切です。そこで朝シャワーの出番です。

  • 低血圧、冷え症の人におすすめ! 朝起きてすぐ眠気を覚ます方法

    低血圧、冷え性の人は朝起きても体温が低いため、起きるまでに時間がかかってしまいます。低血圧、冷え性のひとに特に役立つ「朝起きてすぐ眠気を覚ます」方法を紹介します。 体温が低いと起きられない 人間の体温には、リズムがあります。眠る前には体温が上が

  • 眠気の強さの決まり方。人が眠くなる3つの理由

    眠ろうとしても、眠気がないとうまく眠れません。よい睡眠をとるためには、眠気とうまく付き合っていくことが必要です。では、眠気の強さはどのように決まっているのでしょうか? 眠気の強さを大きく決める眠くなる3つの理由を紹介します。 1. 体内時計 ま

  • 白熱電球を発明で睡眠時間を短くした張本人「エジソン」

    人間の睡眠時間を大きく変化させた人を知っていますか? それは、白熱電球を発明したエジソンです。それまでは、ろうそくやアルコールランプなどの照明はありましたが、昼間のように明るくはありませんでした。 しかし、白熱電球の登場によって、夜でも昼と同じような生活

  • 寝だめはできる!? 寝だめできるケース、できないケース

    仕事が激務で毎日睡眠不足。休日は1日中眠って寝だめしたい人は多いですよね? 実際に寝だめにより睡眠時間を確保することができるのでしょうか? 実は、寝だめには、2種類あり、寝だめができるケース、できないケースがあるんです。 寝だめの種類 実は寝だ

  • 睡眠時間が短いと太りやすくなる理由

    睡眠時間が短いと太りやすくなります。それは、肥満を増加させるホルモンが原因です。なぜ、睡眠時間が太りやすくなるのか、その理由を紹介します。 睡眠時間が足りないと太りやすくなる理由 睡眠時間が足りない人は、夜遅くまで仕事やテレビなどで起きているこ

  • 年齢とともに睡眠時間が変化する理由

    睡眠には、1日に何度も眠る「多相性」と1回しか眠らない「単相性」の2つのタイプがあります。生まれたばかりの赤ちゃんは、1日中寝たり起きたりしている「多相性」です。 しかも、睡眠時間は1日16時間ほどです。しかし、大人になると平均睡眠時間は7時間ほどとなり

  • 最適な睡眠時間は8時間? 睡眠タイプ別の理想の睡眠時間を知ろう!

    人に最適な睡眠時間は8時間と言われていますが、本当でしょうか? 実は、その人の生まれつきの睡眠タイプによって最適な睡眠時間は変わってきます。それでは、バリュアブルスリーパー、ショートスリーパー、ロングスリーパーの理想の睡眠時間を紹介します。 8時

  • ハワイ旅行の時差ぼけの対策! 東回りの時差ぼけ解消法

    時差ぼけ解消の方法は、西回りと東回りによって変わります。そのため、ハワイへ行くのとヨーロッパに行くのでは時差ぼけ対策は変わってきます。今回は、日本人に大人気のリゾート地であるハワイ旅行を例に東回りの時差ぼけ対策を紹介します。 東回りでは体内時計は

  • 時差ぼけの対策と治し方

    人の生活は、体内時計で管理されています。飛行機で短時間で時差が大きい外国に行くと、「時差ぼけ」となり体調不良になりやすくなります。時差ぼけは、人間が持つ生物時計のズレが原因です。それでは、時差ぼけの対策と治し方をの基本を紹介します。 時差ぼけとは

  • なぜ、夢遊病(レム睡眠行動障害)と金縛りが起きるのか? レム睡眠の不思議

    「夢の中で歩く」 「眠りながら歩く」 通常の睡眠であれば、夢の中での行動は体には反映されません。しかし、夢遊病(本当は、レム睡眠行動障害)になると夢の行動がそのまま反映されてしまいます。また、ぱっと目が覚めたら体が動かない金縛りはなぜ起きるのでしょうか

  • 「夢」は睡眠の質も教えてくれる? 睡眠が浅い人ほど多くの夢をみる

    今日見た夢の内容を覚えていますか? 何個夢を見ましたか? 最近悪夢は多くないですか? じつは、夢の内容や何個夢を見たかをおぼえているかによって、その人の睡眠の質が良いか悪いかわかるんです。 レム睡眠時に夢を見る 睡眠にはレム睡眠と

  • ショートスリーパーとロングスリーパーの睡眠時間が違う理由

    1日6時間以下の睡眠で元気よく生活が出来るショートスリーパーと、1日9時間以上眠らないと眠くて元気に生活ができないロングスリーパーがいます。なぜ、ショートスリーパーとロングスリーパーには睡眠の違いが生まれるのでしょうか? ショートスリーパーとロン

  • ノンレム睡眠が生まれた理由。脳の進化の不思議

    人の睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。実はレム睡眠はすべての生物が持っているわけではありません。魚類や両生類にはノンレム睡眠はありません。では、なぜノンレム睡眠が生まれたのでしょうか? その秘密を探ります。 進化がノンレム睡眠を必要とし

  • レム睡眠は必要なのか? レム睡眠の謎

    レム睡眠が発見されたのは最近のことです。レム睡眠の間に夢を見ているということがわかりましたが、レム睡眠は何のために存在するのかは完全に解明されていません。レム睡眠はなぜ存在するのでしょうか? レム睡眠に対する実験 レム睡眠の発見者であるスタンフ

  • なぜ夜ふかしはいけないのか? 早く眠るメリット、夜ふかしするデメリット

    さて、問題です。 1. 午前0時に寝て、午前6時に起きる 2. 午前3時に寝て、午前9時に起きる 睡眠時間自体は6時間なので違いはありません。眠る時間と起きる時間が違うだけです。しかし、2.のほうが身体に悪影響を与えます。なぜ夜ふかししたほうが身

  • 睡眠ホルモン「メラトニン」。朝起きてから14〜16時間後に眠くなる理由

    メラトニンは眠りに深く関係するホルモンで、睡眠ホルモンとも呼ばれています。朝起きてから14〜16時間後に眠くなる理由もこのメラトニンに秘密があります。 睡眠ホルモン メラトニンは、脳の松果体から分泌されるホルモンです。睡眠に関係するため、「睡眠

  • 体内時計(サーカディアンリズム)と睡眠の関係

    人間の生活にはリズムがあり、睡眠は、この「体内時計(サーカディアンリズム)」によってコントロールされています。睡眠の基本である体内時計について紹介します。 体内時計とは 体内時計は、自律神経、免疫、内分泌ホルモンなど、人の生命を維持する機能が、

  • 寝れない人のための不眠解消法

    日中仕事でクタクタなのに、なぜか夜になっても眠りにつけない……なんて人も少なくないでしょう。現代人は不規則な生活を強いられることも多く、規則正しい時間に睡眠をとることが難しくなっています。けれども、寝る子は育つというように、睡眠は人間の身体にとって必要なことの

  • 眠気覚ましに使えるコンビニ活用術。夜にコンビニに行くと眠気が覚める理由

    24時間営業で便利なコンビニ。夜ちょっとしたものを買いにでかけることも多いですよね。実は夜にコンビニに行くと眠気が冷めやすくなります。逆に考えると、眠気覚ましに最適なスポットがコンビニなんです! コンビニを活用した眠気覚まし法を紹介します。 夜に

5 / 8 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »