ジャージで眠ってはいけない! 睡眠で大切なパジャマ選び

夜眠るときに、どんなものを着て寝ていますか?
もしかして、ジャージで眠っていませんか?

眠るだけだから、何を着ていてもいいと思っている人はNGです。睡眠ではパジャマ選びが大切だからです。


パジャマは選びは大切です!

部屋や布団の中の温度、湿度によって睡眠時の快適さは、大きく変わります。どれだけいいベッドや布団を用意しても、来ている服によって温度や湿度管理は変わってしまいます。さらに、パジャマの着心地や保温性、通気性はぐっすり眠るためにきちんと考えたいポイントです。

パジャマの役割

パジャマの一番の役割は、睡眠中の汗を吸収してくれることです。そのため、パジャマの素材はコットンやシルクがおすすめです。

夏場も薄いパジャマを着よう!

夏場に暑いからといって裸で眠る人もいますが、汗が体にまとわりついて睡眠を妨げます。薄いパジャマを着ていたほうが、汗を吸収してくれるので熟睡しやすくなります。

ジャージをパジャマにしない!

中学校や高校のジャージをパジャマがわりにしている人も多いです。しかし、ジャージ、トレーニングウェア、トレーナーなどをパジャマ代わりにすることはおすすめできません。肌触りも悪く眠りにくくなります。睡眠中に出る汗の吸収性も悪く、おすすめできません。特に、ダイエット用のトレーニングウェアは密封性が高いため、温度や湿度管理にも悪影響を与えてしまいます。

パジャマは毎日洗濯しよう!

同じパジャマを何日も着続けるのもNGです。睡眠中は、コップ1杯分の汗をかきます。特に、汗や湿気を吸ったパジャマを何日も着ていると、汗の吸収効果も落ち、布団内の湿気も上がり熟睡することができなくなります。パジャマは毎日洗濯して、清潔な状態で眠りましょう。

眠るときはジャージで眠るのはやめ、きちんとパジャマで眠るのがおすすめです!

次の記事

「その枕自分に合ってる? 「枕不眠度」を知ろう!」

前の記事

「熟睡できる「掛け布団」の3つの条件」

    
コメント