赤ちゃんにレム睡眠が多い理由

大人のレム睡眠の割合は、睡眠全体で20%ほどですが、赤ちゃんは、レム睡眠の割合が50%も占めています。なぜ、赤ちゃんにはレム睡眠が多いのでしょうか?


赤ちゃんにレム睡眠が多い理由

実はレム睡眠は、胎児にも出現します。胎児が成長して脳が形づくられると、レム睡眠が現れて基本的な神経回路がつくられます。

妊娠後期になると、胎児は睡眠と覚醒を繰り返します。レム睡眠だけでなく、ノンレム睡眠も現れるようになります。大人ではレム睡眠は睡眠の約20%ですが、胎児は睡眠の50%以上がレム睡眠です。

赤ちゃんは生まれた後もずっと寝ています。他の動物は生まれてすぐに立ち上がりますが、人間は他の生物とは違い、未熟な状態で生まれてきます。脳も未発達なため、赤ちゃんはレム睡眠を多く取り、神経回路を発達させています。成長するに連れ、脳が発達しレム睡眠の割合は少なくなります。

大人になるとレム睡眠の割合は睡眠の20%に落ち着きます。赤ちゃんは未発達な状態で生まれてくるため、脳を発達させるためにレム睡眠の割合が多かったのです。

次の記事

「なぜ、夢遊病(レム睡眠行動障害)と金縛りが起きるのか? レム睡眠の不思議」

前の記事

「ショートスリーパーとロングスリーパーの睡眠時間が違う理由」

参考リンク

「年齢とともに睡眠時間が変化する理由」

    
コメント