1日に見る夢は1個? 人が1日に見る夢の数は実は100個という実験結果が!

目が覚めると夢の内容を覚えていることがあります。

人に追いかけられる夢
犯罪者になって逮捕される夢
あこがれのアイドルとデートする夢
社長になって大金持ちになってハッピーな夢
ちょっとエッチな夢

様々な夢を見ます。さて、ここで質問です。

「あなたは、1日に何個の夢を見ますか?」

1個だよと答える人が多いかもしれません。しかし、100個以上の夢を見ているといった実験結果があります。


1日3〜4個の夢は見ている

夢はレム睡眠の時にみると言われていますが、実はノンレム睡眠中も夢を見るとも言われています。レム睡眠は、1晩に4~5回ほど訪れます。一般的に、覚えている夢は、起きる直前の夢です。そのため、夢は1日に1個しか見ないと勘違いしている人が多いです。少なくともレム睡眠が訪れる数だけ(1日4〜5個程度)の夢をみています

1日100個以上の夢を見る?

しかし、1日で少なくとも10個、多い人は100個以上の夢を見ているとの実験結果があります。夢研究で有名なユングは、夢によって精神分析を行っていたため、ユング派の心理学者は、自分の夢を記録する訓練をし、一晩にたくさんの夢を記録したのです。

普通の人は、夢は最後の1個しか覚えていませんが、ユング派の人は、夢を見たときに、夢の中の自分が「これは夢」と気がつく訓練をして、目を覚ましてその夢の内容を記録したそうです。ちょっと特殊すぎる訓練ですが…(笑)

1晩に10個以上の夢を見るという数字は、ユング派の研究結果をもとにした数字です。一般的には、1晩にレム睡眠が訪れた回数だけの数字をあげることが多いです。また、連続して内容の異なった夢を見た時に、別の夢として数えるかどうかなど夢の個数の定義によっても夢の数は変わってきます。

あなたは1日に何個夢を見ますか?

次の記事

「時差ぼけの対策と治し方」

前の記事

「「夢」は睡眠の質も教えてくれる? 睡眠が浅い人ほど多くの夢をみる」

    
コメント