睡眠ホルモン「メラトニン」。朝起きてから14〜16時間後に眠くなる理由

メラトニンは眠りに深く関係するホルモンで、睡眠ホルモンとも呼ばれています。朝起きてから14〜16時間後に眠くなる理由もこのメラトニンに秘密があります。


睡眠ホルモン

メラトニンは、脳の松果体から分泌されるホルモンです。睡眠に関係するため、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。メラトニンは、動物や植物にも含まれる天然の化合物です。

メラトニンの働き

人間の場合、メラトニンは体温、呼吸、脈拍、血圧を低くさせ、眠るのに必要な準備をします。睡眠以外にも、免疫力強化、アンチエイジングなどの効果もあります。

夜に分泌される

メラトニンの血中濃度は1日のサイクルで変化します。メラトニンは夕方頃から増え始め、人が眠っている深夜の時間帯に最も多くなります。メラトニンの分泌が増えているときは、体温が下がります。メラトニンの影響で、体温が下がることで人は眠くなり、睡眠に入ります。夜になると、メラトニンが多く分泌されることで、人間は24時間の周期で生活することができます。

起きてから14〜16時間後にメラトニンが分泌される

メラトニンの分泌は太陽の光が関係しています。光の刺激は脳の中で体内時計を司る「視交叉上核」に伝わります。この光の刺激によって人間の体内時計は朝が訪れたことを知ります。光の刺激は「上頚部交感神経節」を経てメラトニン分泌に関わる脳の「松果体」へと伝わります。光の刺激を受けてから14~16時間が経過するとメラトニンが再び分泌され、睡眠の準備に入ります。

メラトニン睡眠法

メラトニンは、朝起きてから14〜16時間後に分泌されます。このメラトニンのリズムを利用した「メラトニン」睡眠法を紹介します。

眠りたい時刻の14~16時間前に起床し、起きたらすぐに、太陽の光を浴びて体内時計をリセットします。メラトニンは、起きてから14〜16時間後に再び分泌されるため、狙った時間の14~16時間前に起きることで眠りたい時間に眠りやすくなります。ただし、体内時計は1日1〜2時間しか調整できないと言われているので、昼夜逆転のように体内時計が大きくずれている人は何日かかけて調整することが必要です。

また、「メラトニン」睡眠法では、太陽の光を浴びることが重要です。朝になってもカーテンを閉じたままでは、太陽の光の刺激が伝わらず体内時計はリセットされません。2500ルクス以上の光を浴びれば、体内時計のリセットされます。朝にカーテンを開ければ2500ルクスの光を浴びることができます。

最近では、遮光カーテンを利用している人も多いですが、起きたい時間に自然に太陽の光が入るように調整しましょう。太陽の光が目に入れば体が自然と起きる準備をしてくれます。

睡眠とメラトニンの関係を理解すると、眠りをコントロールしやすくなります。「朝起きてから14〜16時間後にメラトニンが分泌され眠くなる」とおぼえておきましょう!

次の記事

「なぜ夜ふかしはいけないのか?」

前の記事

「体内時計(サーカディアンリズム)とは」

参考リンク

「メラトニンの原料となるトリプトファン」

    
コメント