眠気覚まし

朝、仕事中、学校など眠くて効率が下がってしまう時には、眠気覚ましをすることが大切です朝のシャワー、コーヒー、体のツボ、昼寝や仮眠など眠気覚ましに役立つ情報を紹介します。

  • 1日10分で集中力がアップ、見直される昼寝の効果

    昼食の後の授業や仕事は、どうしても眠くなってしまう時がありますよね。そんな時、10分から15分だけでも昼寝をすることで記憶力や学習能力がアップすることがわかっています。そのため、学校や職場でも昼寝の時間を設けて積極的に昼寝を行っているところが出てきました。

  • 1分の仮眠でも効率は上がる! 眠気覚ましに最適な仮眠テクニック

    仕事中や勉強中なのに、眠くて眠くて仕方ないときがあります。そんなときは、仮眠しちゃいましょう! 1分仮眠するだけでも眠気や疲れを取る事ができます。眠気覚ましに最適な仮眠テクニックを紹介します! 1分でも効く仮眠の効果 仮眠を取ると、眠気が覚め、

  • 仕事中の眠気覚ましに! 昼寝におすすめな場所

    仕事中にどうしても眠気が止まらない時があります。そんなときは10分くらい昼寝するのがおすすめです。仕事中の眠気覚ましの昼寝におすすめな場所を紹介します。 オフィス 一番手っ取り早いのが、自分の椅子に座ってデスクで昼寝をします。お昼をオフィスで食

  • 気軽な眠気覚ましに! 冷たい水で顔を洗って、冷たいものを飲もう!

    夜の勉強や仕事中に眠気が襲ってきたら、顔を冷たい水で洗ったり、冷たい物を飲んで体温を下ることが効果的なことを知っていますか? 気軽な眠気覚ましに使えます! 眠くなったら冷たい水で顔を洗おう 眠くなったら、冷たい水で顔を洗うと眠気が覚めてきます。

  • 眠気覚ましに効果的なコーヒー! カフェイン飲料との正しい付き合い方

    眠くて仕事や勉強が手につかない…そんなときはコーヒーを飲みますよね。今やコーヒーチェーン、コンビニコーヒー、自動販売機など手軽にコーヒーを飲むことができます。なぜ、コーヒーを飲むと眠気が覚めるのでしょうか? コーヒーの歴史 コーヒーを最初に発見

  • 朝シャワーで目が覚める理由

    朝起きても眠気が覚めない日があります。そんなときは、朝シャワーを浴びることをおすすめします。朝シャワーで眠気が覚める理由を紹介します。 朝シャワーの効果 朝の体を目覚めさせるには、体温と血圧を上げることが大切です。そこで朝シャワーの出番です。

  • 低血圧、冷え症の人におすすめ! 朝起きてすぐ眠気を覚ます方法

    低血圧、冷え性の人は朝起きても体温が低いため、起きるまでに時間がかかってしまいます。低血圧、冷え性のひとに特に役立つ「朝起きてすぐ眠気を覚ます」方法を紹介します。 体温が低いと起きられない 人間の体温には、リズムがあります。眠る前には体温が上が

  • 眠気覚ましに使えるコンビニ活用術。夜にコンビニに行くと眠気が覚める理由

    24時間営業で便利なコンビニ。夜ちょっとしたものを買いにでかけることも多いですよね。実は夜にコンビニに行くと眠気が冷めやすくなります。逆に考えると、眠気覚ましに最適なスポットがコンビニなんです! コンビニを活用した眠気覚まし法を紹介します。 夜に

  • 30分以上昼寝をしてはいけない理由

    昼寝は健康によいと言われています。しかし、30分以上昼寝をすると健康に悪影響をもたらしてしまいます。身体によい昼寝の時間は30分以内です。なぜ、30分以上昼寝をしてはいけないのでしょうか? 30分以上の昼寝は老化を早める 昼間に長く眠ると、かえ

  • なぜ、電車での居眠りは心地いいのか? マイクロスリープを活用した疲労回復法

    電車のガタンゴトンというリズムに誘われて眠り込み、ハッと目覚める。腕時計を見ると、2~3分しかたっていないのに、疲れがきれいにとれた感じがしたことがありませんか。なぜ、電車での居眠りは心地いいのでしょうか? マイクロスリープで疲れがとれる! 電

  • 眠気を覚ましてくれる「ツボ」

    眠気を覚ましてくれる便利な「ツボ」があります。授業中、仕事の合間、長い会議などで眠気を感じたら、周りに気付かれないように眠気を覚ましてくれる「ツボ」を押しましょう。 中衝 眠気覚ましに効果が大きいツボです。中指の爪の、人差し指側の生え際の約2ミ

  • 朝の目覚めをよくする2つの習慣

    一日のうち、一番大事なのは「朝の目覚め」です。活力に満ちた一日を過ごすのか、それとも、重い体を引きずりながら、憂鬱な気分で過ごすのか。その日一日の過ごし方は、朝、どんな目覚め方をするかで決まります。 気持ちよく目覚めることができれば、満足中枢はたちまち刺

1 / 1 1