1日10分で集中力がアップ、見直される昼寝の効果

昼食の後の授業や仕事は、どうしても眠くなってしまう時がありますよね。そんな時、10分から15分だけでも昼寝をすることで記憶力や学習能力がアップすることがわかっています。そのため、学校や職場でも昼寝の時間を設けて積極的に昼寝を行っているところが出てきました。


福岡の中学生は学校で昼寝する

福岡県の夜須中学校では週2回、昼休みのあとの10分間、昼寝の時間をとっています。教室のカーテンを閉めてクラシック音楽が流れる中、机にうつぶせになるそうです。生徒たちは睡眠時間が十分でないこともあり、わずか10分の昼寝でも頭がスッキリするようになったといいます。福岡県では昼寝を取る取り組みを9年前から行っている高校もあるそうです。

都内では「お昼寝カフェ」が人気

港区赤坂にある「Qusca」は女性限定のお昼寝カフェです。ベッドで仮眠ができ、フリードリンクも楽しめます。この他にも、マッサージを受けられたり、マッサージチェアでうたた寝できるサービスを提供しているカフェもあります。お昼休みのうち、20分から30分程度を利用して来店する女性が多いそうです。
男性向けには新橋や大阪のカプセルホテルがお昼寝コースを提供しているところがあります。カプセルホテルは抵抗があるという女性でも、カフェなら気兼ねなく利用できますね。

昼寝を生活習慣に加えてみよう

しかし、まだまだ昼寝への理解はいまひとつというところ。堂々とはやりにくいけれど、お昼寝カフェやくつろぎやすい場所を見つけて、昼寝習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

「昼寝に関する記事」の詳細を調べる

    
コメント