眠気を覚ましてくれる「ツボ」

眠気を覚ましてくれる便利な「ツボ」があります。授業中、仕事の合間、長い会議などで眠気を感じたら、周りに気付かれないように眠気を覚ましてくれる「ツボ」を押しましょう。


中衝

眠気覚ましに効果が大きいツボです。中指の爪の、人差し指側の生え際の約2ミリ下にあります。大きく深呼吸しながら、反対の手の親指と人差し指で挟み込んで強く揉みます。左右の指を交代に揉みましょう。気持ちを落ち着かせる効果もあります。

百会

全身の自律神経を調整するツボです。頭のてっぺんにあります。左右の耳を結ぶ線と眉間と後頭部を結ぶ線の交差する一点を押さえると、自律神経が活性化し、全身が元気になります。

足臨泣

目が覚めるツボです。右足の小指と薬指の骨がぶつかったところにあります。名前の通り、押すと驚くほど痛いツボですが、よく効きます。

労宮

手の平のほぼ中央にあるツボです。手を握ったときに中指の先が当たったところが労宮です。ボールペンなどを使って強く押します。肩までズーンと響いたら正しい強さです。上半身の血行をよくするツボなので、肩こりにも効果があります。

合谷

全身の血行をよくするツボです。血流がよくなると眠気が少なくなります。手を広げたときに、親指と人差し指の骨が交わったところから、少しだけ指先側です。手の甲をつかむようにして、反対の手の親指を合谷のツボに爪を立てて当てます。そして、人差し指の方向に徐々に力を入れていきます。頭痛やめまい、胃腸の不調にも効きます。

風府

緊張をほぐす効果のあるツボです。後頭部に痛みを感じるときにはこのツボを押します。後頭部の中心、髪の境目から少し上にあるくぼみです。後頭部全体を両手で包むようにして、左右の親指で交互に押します。

隠白

頭痛や肩こりのツボです。足の親指の爪の生え際から約2ミリ下にあります。手の親指でツボを押さえ、親指全体を手で包み込んで揉みほぐします。上半身の血行がよくなるので、頭がすっきりします。

ツボは、自分に合ったものを見つけるのが大切です。いろいろ試して眠気に効くツボを探し出して眠気を覚ますようにしましょう。

次の記事

「眠気覚ましに使えるコンビニ活用術」

前の記事

「気軽な眠気覚ましに! 顔を洗って冷たいものを飲もう!」

参考本

「認知行動療法で改善する不眠症」

    
コメント