眠気覚ましに使えるコンビニ活用術。夜にコンビニに行くと眠気が覚める理由

24時間営業で便利なコンビニ。夜ちょっとしたものを買いにでかけることも多いですよね。実は夜にコンビニに行くと眠気が冷めやすくなります。逆に考えると、眠気覚ましに最適なスポットがコンビニなんです! コンビニを活用した眠気覚まし法を紹介します。


夜にコンビニに行くと眠気が覚める理由

コンビニは、店内も店外も明るいですよね。この明かりが眠れない理由を作り出しています。そもそも、明かりが生まれたのはごく最近のことです。エジソンが白熱電球を発明したことにより、夜でも昼間と同じ明るさを手にすることができました。

参考リンク

「白熱電球を発明で睡眠時間を短くした張本人 エジソン」

夜の明かりは人が作った人工的な明かりです。しかし、人の体は、太陽の光も蛍光灯の光も区別することができません。蛍光灯の光は、日中の太陽光と同じ効果を持ちます。蛍光灯の光には、目を覚まさせる「青い波長」が含まれているので、体は昼間と勘違いしてしまうのです。その結果、眠気が覚め眠れなくなるのです。夜に分泌される睡眠ホルモンも、蛍光灯の光を浴びると分泌を止めてしまいます。

特にコンビニは、お客さんを呼び込むため、店内を明るくしています。蛍光灯やLED電球を中心とした明かりは、日中のオフィスの明るさに匹敵します。そのため、夜にコンビニに行くのは、体感的に「昼間に逆戻り」する効果と同じです。

眠気覚ましにコンビニへレッツゴー

このように、眠気覚ましに最適なスポットがコンビニです。24時間営業のコンビニは、深夜でもコーヒーや眠眠打破などの眠気覚ましグッズを買うことができます。仕事や試験勉強で夜遅くまで起きていないといけないのに、眠くて仕方ない時はコンビニへでかけることで眠気を覚ましちゃいましょう!

次の記事

「仕事中の眠気覚ましに! 昼寝におすすめな場所」

前の記事

「眠気を覚ましてくれる ツボ」

参考本

「専門医が教える毎日ぐっすり眠れる5つの習慣(坪田聡)」

    
コメント