人生を豊かにする! 早寝早起きの朝型生活を実践する3つのヒント

やりたいことがある、やらなければならないことがあるけれど、忙しくて時間がなく、夜遅くまで起きてやる羽目になってしまうこともしばしばあると思います。そんな生活を変えようと、今よりも早く起きる朝型生活に切り替えていくと、心も身体も変わっていくといいます。今回は早起き生活を実践する3つのヒントを紹介します。


1. 早起きするために、ぐっすり眠れるようにする

一番大切なのは、寝つきのよさ、つまり、眠る環境です。部屋の気温や湿度に気を配り、快眠できる設定にして眠ります。夏場でも冬場でも、エアコンの風が直接身体に当たらないように注意しましょう。エアコンで体調を悪くしてしまうようでは、どうしようもありません。

2. 眠れる食材を選んで食生活を変える

よい眠りを誘う効果があると言われている食材があります。肉・卵の白身・ツナ・大豆・牛乳・ハチミツ・赤身の魚などです。そして、セロトニンとメラニンの効果をより高くするためには、炭水化物を取る必要があります。

3. 夜のテレビ・パソコンは眠る3時間前にやめておく

テレビ、パソコンを見ると、2、3時間は興奮した状態が続いてしまうため、気持ちの良い眠りを妨げる原因となります。就寝時刻の少なくとも3時間前には、テレビ、パソコンのスイッチを切ることを習慣にしましょう。仕事でどうしても必要ならば、早起きして翌朝やるように習慣を切り替えましょう。

朝型生活をするためには、単に朝早く起きるだけではなく、睡眠環境や食生活習慣も意識するといいのです。

次の記事

「寝不足現代人に捧げる快適睡眠12のすすめ」

前の記事

「おしっこを活用した早起き術」

参考本

「「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術 (梶村 尚史)」

    
コメント