睡眠の質を上げる快眠法

睡眠の質を上げる快眠法を利用して、すっきり目覚めるだけで素敵な1日が過ごせます。朝すっきり目覚めるヒント、質の高い睡眠がとれるゴールデンタイム、二度寝をやめるコツなど、睡眠の質を上げてくれる様々な快眠法を紹介します。

  • いつもより早く眠くなったら眠るべきか? 3時間以上早く眠るのは注意!

    いつも夜の12時に眠っているのに、夜の9時に眠くなってしまう時があります。いつもより早く眠くなったら眠るべきなのでしょうか? 1時間早いなら眠ってもOK ふだんより早い時間帯に眠くなることはもちろんあります。子どもなら、次の朝までそのまま眠れるでし

  • 快眠するための3つのヒント「時計」「リラックス」「リズム」

    快眠するためのヒントが3つあります。「時計」「リラックス」「リズム」。さて、これは何を意味するでしょうか? 1. 時計を見えるところに置かない 眠れない人ほど、時間が気になります。しかも、時計が音が鳴るタイプだとその音が気になり眠れなくなります

  • 黒柳徹子も実践している分割睡眠とは!? 忙しい人のための分割睡眠法

    分割睡眠という睡眠方法を知っていますか? 夜にとるべき睡眠を分割してとる睡眠方法です。実際に、多くの偉人がこの分割睡眠を利用していました。そして、日本が誇る偉人「黒柳徹子」さんもこの分割睡眠を実践しています。 分割睡眠とは 分割睡眠とは、その名

  • 朝すっきり目覚めるアラーム時刻の設定方法

    いつも、いいタイミングで起きることができない… 朝の眠気がすっきりしない… こういった睡眠の悩みがある人は、起きるべきタイミングに目覚まし時計のアラーム設定ができていません。では、朝すっきり目覚めるアラーム時刻のタイミングはいつなのでしょうか?

  • 人工照明装置で朝すっきり目を覚ます方法

    目を覚ますために、一番安上がりで効果的な方法は、太陽の光を見ることです。光を浴びると、体内時計が調節されて起きやすくなります。朝起きたら、カーテンを開けて太陽の光を見るのが一番です。 しかし、まだ太陽が出ていない真夜中に起きる場合や、プライバシーの問題で

  • 眠りやすい温度と湿度を保って快眠するエアコン活用術! 

    快眠するためには、部屋の温度と湿度コントロールが大切なことを知っていますか? 部屋の温度だけでなく湿度のコントロールにも役に立つのがエアコンです。夏や冬など特に眠りにくい季節はエアコンをうまく活用することが大切です。 眠りやすい温度と湿度 季節

  • 朝起きやすい時間に起きれる目覚まし時計「スリープトラッカー」

    浅い眠りになったときに教えてくれる目覚まし時計があることを知っていますか? 覚醒状態に近い状態の時にアラームで起こしてくれるすぐれものです。なかなか、朝スッキリ目覚める事ができない人や、短時間睡眠を実践している人におすすめの目覚まし時計です。 ス

  • 睡眠時間を短くして睡眠の質を上げる「睡眠時間制限法」

    1日6時間以下の睡眠でも元気なショートスリーパーは、睡眠時間が短くても熟睡することができます。一方、8〜9時間以上睡眠が必要なロングスリーパータイプの人はしっかり眠りをとっても疲れが取れないこともあるのではないでしょうか? そんなときはあえて睡眠時間を削

  • 目覚ましが鳴る前に自然に起きる「自己覚醒法」

    目覚めしが鳴る前に自然に目が覚めた経験は多いですよね。起きたい時間の前に自然に目が覚めることが自分でコントロールできればいいですよね。実は、ある程度コツをつかめば、自分で起きる時間をコントロールすることができる方法があります。それが「自己覚醒法」です。

  • 二度寝しても疲れは取れません! 二度寝をやめる考え方。

    目覚まし時計が鳴り響く。眠い目をこすり、時計をチラリと見る。ああ、もう起きなければ。でも、あと5分だけ、いやあと10分たったら、起きよう。そして、遅刻…このような経験がみなさんにもあるのではないでしょうか。どうすれば二度寝をやめることができるのでしょうか?

  • 昼間にしっかり疲れることが快眠の基本! 頭だけでなく体も疲れさせよう!

    快眠の基本は、「しっかり疲れてグッスリ眠る」ことです。そのためには、昼間に頭と体の両方を「しっかり疲れさせる」ことが必要です。 疲れと眠気の関係 すぐに眠るためには、昼間に仕事を含めて充分な活動をして、疲労物質(睡眠物質)を体にため込むことが大

  • 月曜の朝が憂鬱な理由。週末の睡眠は平日の睡眠時間+2時間以内にしよう!

    「週末、しっかり休んだのに体がだるい」 「会社や学校へ行く気がしない」 休み明けの月曜日にこのように感じたことはありませんか。「ブルー・マンデー」という言葉があるほど、月曜日は1週間のなかでも、もっとも「会社や学校へ行きたくない」と思うことが多い日です

  • 美肌にいい! 夜10時から夜中2時までの「睡眠のゴールデンタイム」

    夜10時から夜中2時までの「睡眠のゴールデンタイム」と言われており、美肌にいいと言われています。なぜ夜10時から夜中2時までに眠ると美肌に良いのでしょうか? 成長ホルモンのシャワー 「成長ホルモンのシャワー」をご存知ですか? 成長ホルモンの分泌

  • 睡眠の質を上げるために睡眠環境を整えよう

    睡眠の質をあげるためのポイントがあります。それは、睡眠環境を整えることです。睡眠環境は、音や光、温度や湿度といった周囲の状況や、枕や布団といった寝具の心地よさなどで変わります。 ■睡眠環境を整える まわりがうるさい中で寝たり、よくテレビをつけた

  • 寝不足現代人に捧げる快適睡眠12のすすめ -生物学的視点から-

    現代人の抱える大きな悩みは睡眠不足。twitterを見てみると、「ねむい」「寝付きが悪い」「中々寝れない」「寝付けない」とつぶやく人が多々見られます。日々削られる睡眠に対して、私たちに何かできることはないのでしょうか。 今回は寝てもなかなか疲れがとれない

  • なぜ、みんなしていないのか不思議でしょうがない!! -快眠のために知っておきたい11の常識-

    「目覚ましが鳴り、なんとか起きるも頭はボーッとしている。」 「半分閉じた眼を擦りながら、支度するがなんだかだるい。」 「寝ても全く疲れがとれていない様子。」 恐らく日本人の91%はそう感じていると思います。もしかするとそれはリズムが狂っているからかも

  • この夏は「快眠」を目指す! ぐっすり眠って疲れを取る方法

    今年の夏も暑い気配。夜寝る時も節電モードでクーラーの設定温度を低めにしたり、窓を開けて外の風が入るようにしたりと、安眠するための工夫がいろいろと必要になりそうです。でも、暑がりの人にとっては辛いこと。あまりぐっすり眠れないようになってしまって日々の疲れがとりに

1 / 1 1