月曜の朝が憂鬱な理由。週末の睡眠は平日の睡眠時間+2時間以内にしよう!

「週末、しっかり休んだのに体がだるい」
「会社や学校へ行く気がしない」

休み明けの月曜日にこのように感じたことはありませんか。「ブルー・マンデー」という言葉があるほど、月曜日は1週間のなかでも、もっとも「会社や学校へ行きたくない」と思うことが多い日です。なぜ「月曜の朝は憂鬱」なのでしょうか?


週末寝過ぎてない?

週末の過ごし方に大きな原因があります。この週末、あなたはどのように過ごしましたか。とくに用事がないからといって、朝寝坊をし、1日中家でゴロゴロしたり、昼寝をしていませんか?

そのせいで夜なかなか寝付けず、月曜日は寝不足のまま。そのようなことはありませんか。もしそうだとしたら、月曜の朝が憂鬱な原因は明らかです。

体内時計が狂うと憂鬱になる

週末に寝すぎると、体内時計が狂ってしまいますす。起きる時間がいつもより2時間以上違うと、体内時計に狂いが生じます。体内時計が狂ってしまうと、体内の細胞の一つひとつにある「時計遺伝子」にも狂いが生じます。体内時計のズレに違和感を感じて、憂鬱な状態になってしまうのです。

週末の睡眠はプラス2時間以内に

週明けから「パフォーマンス全開」で行くには、休日の朝も平日プラス2時間以内に起き、午後3時以降にはできるだけ仮眠を取らないことです。午後3時以降に仮眠を取ってしまうと、夜なかなか寝付けなくなり、翌日の睡眠不足を引き起こします。

週末ですから、ある程度の夜ふかしは仕方ありません。ただし、寝るのがどれだけ遅くなってもいつもどおりの時刻に起きるか、平日の起床時刻のプラス2時間以内に起きるようにしましょう。いつも朝6時に起きる人は8時までに、朝8時に起きる人は10時までには起きることが大切です。

きちんと睡眠ルールを守っても憂鬱な人は…

ただし、規則正しい生活を送り、睡眠ルールを守っているのにもかかわらず「月曜日が憂鬱で仕方がない」という場合は、睡眠障害の可能性やメンタルケアが必要かもしれません。病院できちんと治療することが必要となります。

月曜の朝が憂鬱な人は、睡眠を見なおしてみましょう。土日は、どれだけ眠くても平日よりプラス2時間の睡眠におさえるようにしましょう。

次の記事

「ぐっすり眠って疲れを取る方法」

前の記事

「夜10時から夜中2時までの睡眠のゴールデンタイム」

参考本

「脳も体も冴えわたる 1分仮眠法(坪田聡)」

    
コメント