睡眠にもメソッドがある?

充実したビジネスライフを送るにあたって、必要なものは適度な休息です。とくに、安定した睡眠時間は欠かせません。この睡眠時間が曲者であり、あまりにも眠らないのも健康に影響が出ますが、その一方で、だらだらと眠ってしまうのも考えものです。


注目の著書

そんな睡眠における、スタンフォード式のメソッドを取り上げた本が、西野精治による「スタンフォード式 最高の睡眠」(サンマーク出版)です。著者は、アメリカのスタンフォード大学医学部精神科教授を務め、睡眠研究を專門とする著者です。睡眠に関わるメカニズムと、分子遺伝子レベルから専門的に解析を行っています。本書は、著者の日本語書籍としては初の単著となります。日本だけでなく、世界的な睡眠研究者による注目の著作です。

スタンドーフォード式睡眠とは?

それでは著者がとなえるスタンフォード式睡眠とはどのようなものなのでしょうか。その要となるものは、睡眠に集中することで得られる疲労回復と、その後の覚醒です。だらだら眠るのではなく、きちっとした眠りを得るための方法が本書では紹介されています。睡眠前の最適なリラックス方法のほか、睡眠に良い食品、睡眠の姿勢など、快適な眠りに関するあらゆるトピックが網羅されています。 睡眠は人間の一日24時間のおよそ3分の1を占める重要な行為です。本書で正しい睡眠、快適な睡眠を学んでみてはいかがでしょうか。

    
コメント