睡眠時間を短くして睡眠の質を上げる「睡眠時間制限法」

1日6時間以下の睡眠でも元気なショートスリーパーは、睡眠時間が短くても熟睡することができます。一方、8〜9時間以上睡眠が必要なロングスリーパータイプの人はしっかり眠りをとっても疲れが取れないこともあるのではないでしょうか?

そんなときはあえて睡眠時間を削ることで睡眠の質を上げる「睡眠時間制限法」を試してみましょう。


睡眠時間制限法とは

睡眠時間制限法(睡眠調整法)は、あえて1日の睡眠時間を制限することで、眠りやすくなる睡眠法です。睡眠時間が短くなると睡眠が深くなり、結果的に睡眠の質が良くなるという睡眠の仕組みを利用しています。

例えば、1日10時間以上眠っている人も、睡眠の質を分析すると、ベッドの中でぼーっとしていたり、睡眠の途中で何度も目が覚めたり、朝起きてもベッドから出られないというように、純粋な睡眠時間をみると10時間以下になります。長く眠っているはずなのに、疲れが取れないという人に睡眠時間制限法が役立ちます。

睡眠時間制限法のやり方

いつも10時間眠るのあれば、眠る時間を2時間遅らせて、8時間睡眠にしてみましょう。最初のうちは、起きるのが辛く、睡眠不足を感じることが多いですが、睡眠を制限すると、限られた時間の中で睡眠をとるため、自然と睡眠が深くなります。寝つきも早くなり、なかなか眠れない人にも効果的な睡眠法です。

毎朝早起きが習慣となっているビジネスマンは自然と睡眠時間制限法を行っています。集中して仕事をし、限られた睡眠時間で質の高い睡眠をとっています。逆に、とりあえず長時間眠るという人の睡眠の質は低いのです。

参考リンク

「詳しい睡眠時間制限法のやり方はこちら!」

この「睡眠時間制限法」は不眠症の治療にも利用される睡眠法です。あえて、睡眠時間を短くすることで、快眠しましょう!

次の記事

「朝すっきり目覚めるアラーム時刻の設定方法」

前の記事

「快眠のために知っておきたい11の常識」

参考リンク

「大切な勝負の前日に眠れない人のための睡眠テクニック」

    
コメント