人工照明装置で朝すっきり目を覚ます方法

目を覚ますために、一番安上がりで効果的な方法は、太陽の光を見ることです。光を浴びると、体内時計が調節されて起きやすくなります。朝起きたら、カーテンを開けて太陽の光を見るのが一番です。

しかし、まだ太陽が出ていない真夜中に起きる場合や、プライバシーの問題でカーテンを開けられない場合があるかもしれません。そんなときは、「人工照明装置」を利用してもいいかもしれません。


人工照明装置とは

人工照明装置は、その名の通り、証明を当ててくれます。アラーム設定をして、時間になるとライトがつくため、光に反応して目が覚めます! 実際、人工照明装置は、スペースシャトルの乗組員に対する実験でも効果があることが明らかになっています。また、不眠症の治療にもこの人工の光が利用されています。

ただし、人工照明装置は、少し高いのが難点です。人工照明装置の光は、ライトがついたらつけっぱなしにしておきましょう。起きたらライトを消すのは避けて、しばらくつけたままにするのが効果的です。

価格が安い照明装置として、おすすめなのが、「目覚ましライト」です。起床予定時刻の30分前ごろに点灯するようにしましょう。ただし、自分に合った睡眠サイクルがあるので、なるべくレム睡眠後の覚醒時間にアラーム設定をするようにしましょう。


人工の光があるだけで、目覚まし時計よりも、気持よく目覚めることができます。日の出の時間が遅い冬や、朝起きると低血圧でカーテンを開ける事ができない人におすすめです! ただ、太陽の光が最強なので、可能な限り太陽の光を浴びてくださいね! お金もかからない自然に目を覚ましてくれる最高の光が太陽なんです。

次の記事

「昼間に「しっかり疲れる」ことが快眠の基本」

前の記事

「二度寝をやめる考え方」

    
コメント