眠りやすい温度と湿度を保って快眠するエアコン活用術! 

快眠するためには、部屋の温度と湿度コントロールが大切なことを知っていますか? 部屋の温度だけでなく湿度のコントロールにも役に立つのがエアコンです。夏や冬など特に眠りにくい季節はエアコンをうまく活用することが大切です。


眠りやすい温度と湿度

季節によって眠りやすい温度は変化します。特に、四季がある日本では夏と冬が眠りにくい季節になります。

そこで、夏は、エアコンの温度設定をを26~29度に設定します。また、冷房をつけたまま眠ることで湿度が下がり快眠環境ができあがります。

冬は、16~20度に温度設定します。冬は、乾燥しているので加湿器を併用するとベストです。また、睡眠には湿度も大切です。50〜60%の湿度が眠りやすい湿度となっています。

夏は湿気で眠れない

夏に眠れないのは、部屋の湿度が関係しています。夏場は湿度が高いため、汗が水蒸気に変わることができず体温を下げることができず眠れない熱帯夜を過ごしてしまいます。

夏場でも眠りやすくするには、部屋の湿度を下げることが大切です。そこで、クーラーを利用します。クーラーで温度を下げることで、除湿も同時に行ってくれます。温度設定は、26~29度ががおすすめです。暑がりの人は低めに温度設定し、寒がりの人は高めに温度設定をしましょう。

冬は加湿器を使おう

冬は、16~20度に温度設定します。暑がりの人は低めに温度設定をし、寒がりの人は、高めに温度設定をしましょう。また、冬は乾燥しているので、加湿器を併用するのがおすすめです。

エアコンをつけっぱなしにするのに抵抗がある人は、3〜4時間でエアコンが自動で切れるようにタイマー設定をするなどして調整しましょう!

次の記事

「快眠するための3つのヒント」

前の記事

「昼間に「しっかり疲れる」ことが快眠の基本」

    
コメント