快眠するための3つのヒント「時計」「リラックス」「リズム」

快眠するためのヒントが3つあります。「時計」「リラックス」「リズム」。さて、これは何を意味するでしょうか?


1. 時計を見えるところに置かない

眠れない人ほど、時間が気になります。しかも、時計が音が鳴るタイプだとその音が気になり眠れなくなります。時計は見えるところに置くのをやめましょう。

2. 眠る1時間前にテレビ、パソコンを消す

眠りたい時間に眠るためには、眠りたい時間の1時間前には、テレビ、パソコンなど強い光が出るものは消します。強い光による刺激で眠れなくなってしまうからです。

3. 寝る時間、起きる時間を一定に

睡眠は習慣化させることが大切です。そこで可能な限り同じタイミングで生活しましょう。なぜなら、体内時計の中で、90分単位のウルトラディアンリズムがあるため、30〜45分ずれてしまうと、眠気がかなり違ってきてしまうからです。

30分くらいいいかなと思って起きていると、いつもより遅い時間に眠っているのに眠れないといったことが起こります。ウルトラディアンリズムの影響を最小限におさえるためにも寝る時間は一定にしましょう。

次に、週末の休日の時間管理も大切です。よく金曜日は遅くまで遊び、翌日はいつもよりたっぷり昼過ぎまで眠る人が多いですよね。しかし、週末に起きる時間を遅くすると、起きた当日は、平日と同じ時間で眠るのが難しくなります。そこで平日プラス2時間までに起きるようにしましょう。

快眠のヒントは、たくさんあります。快眠のヒントを手に入れて、質の高い睡眠を取りましょう!

次の記事

「夜10時から夜中2時までの睡眠のゴールデンタイム」

前の記事

「眠りやすい温度と湿度を保って快眠するためのエアコン活用方法!」

    
コメント