昼夜逆転を解消する3つの方法

夜型生活を送る人にとっては、午前中に用事がある場合などは起きるのはつらいものです。一度身についてしまった習慣はなかなか変えられないものであったりします。そんな昼夜逆転生活を解消する方法を3つのポイントに絞って解説します。


1. 一度徹夜をする

これがもっともてっとり早い方法です。ただし仕事や学校などがある場合は、本業に差支えが生じてしまう場合もありますので、あまりおすすめできません。1日じゅうどこかででかけてみるといったことを行うと良いかもしれません。映画館などは眠くなってしまう危険性がありますので暗いところは避けるようにしましょう。

さらに徹夜を成功させるポイントは、前日はなるべく遅くまで眠っておくということにあります。そうすれば体が疲れているのでぐっすり眠ることが可能となります。

2. 時間をずらして眠ってゆく

これは時間に余裕がある人向けですが、いつも明け方まで起きている場合は、思い切って昼頃まで起きてみると良いでしょう。

そこから昼から寝て夜に起きるという暮らしを始めたら、次の日は夕方まで起きて夜中に起きるという風に時間をずらしてゆくと、最終的には夜早く寝て朝早く起きるという睡眠パターンを作り出すことができます。

3. 生活を定着させる

一度睡眠のリズムが戻ったならば、生活になじむように気をつけると良いでしょう。これまで夜に片付けていた仕事や用事を朝一番にずらすようにすると良いでしょう。

    
コメント