体温が下がると人は眠くなる!? 睡眠と体温の関係

布団に入り眠ろうとすると身体がポカポカと暖かくなりませんか? 人の睡眠には体温が大きく影響をしています。なぜ、体温が下がると人は眠くなるのでしょうか?


体温が下がると人は眠くなる

眠り始めた幼児の手は、ポカポカと温かくなります。実は、この現象は「スムーズな眠り」に入るための大切なヒントになります。体温は、睡眠と深く関係していて、体温が下がると人は眠くなります。体温が下がらないと、効率のよい睡眠をとることができないからです。

体温を下げる理由

なぜ体温を下げるのでしょうか? それは、眠っている間に体を充分休ませるためには、体内の温度(深部体温と言います)が下げることが重要だからです。日中、ブドウ糖などを燃料にして、エネルギーとなる熱が生み出され、人の活動を支えます。しかし、夜になっても体に日中に生み出した熱が残っていると、睡眠の邪魔をします。

そこで、人の体は、眠る1時間くらい前から、手足に流れる血液の量が増え始め、手足の温度が上昇する仕組みになっています。熱を血液に乗せて手足(体の末端)に運び、体外に捨てようとします。手足を自動車のラジエーターのように使って、体の奥を冷やすのです。

特に冷やす必要があるのが脳です。起きている間に活発に働きオーバーヒート寸前になっている脳を、クールダウンさせることが睡眠の大きな目的です。脳の熱が手足を通してどんどん外へ出ていくと、深部体温も下がっていきます。睡眠の目的である脳を休めせるために必要な深部体温が下がれば、人は眠りに入っていくのです。

深部体温を下げる方法

深部体温を下げる一番簡単で効果的な方法は、「ぬるめ」のお風呂に入ることです。血液の流れがよくなると、体の中心から熱が外へ出ていきます。温かいお風呂に入って血行をよくすることで、効率よく眠ることができます。

お風呂や運動など上手く活用して、眠る前に体温を上げ、眠るタイミングで体温がうまく下がるようにするとすーっと眠ることができます!

次の記事

「なぜ、コーヒーを飲んでも眠くなるのか?」

前の記事

「昼食後に眠くなる本当の理由」

参考リンク

「眠れない人はお風呂に入ろう」

参考本

「専門医が教える毎日ぐっすり眠れる5つの習慣(坪田聡)」

    
コメント