仮眠のベスト時間は?

忙しい時期、少しだけ眠ろうと仮眠を取ろうとする人も多いでしょう。しかし、仮眠のタイミングをのがしてしまうと、つい寝すぎてしまったり、あるいはきちんと疲労を取ることができなかったりします。仮眠のベストな方法はどんなものがあるでしょうか?


時間を決める

仮眠をきちんとするには、人間の睡眠のタイミングをはかる必要があります。睡眠というのはレム睡眠とノンレム睡眠にわかれます。レム睡眠とは深い眠りのことであり、ノンレム睡眠は浅い眠りのことです。人間は入眠時はノンレム睡眠であり、そこからレム睡眠へ至ります。さらに、再びノンレム睡眠へと戻っていきます。このサイクルはおよそ90分といわれています。きちっと起きられるタイミングというのはレム睡眠時より、ノンレム睡眠時の方が得やすいです。ですから、ノンレム睡眠時に起きられるようにタイミングを計ることが重要です。

90分サイクルを意識

ですから、仮眠をするサイクルというのは90分ごとに設定していくと良いでしょう。90分、180分の3時間、270分の4時間半といったものです。30分だけ寝よう、1時間だけ寝ようとは思わずに、まずは90分サイクルで意識しておくと良いでしょう。さらに、頭がさえている時はなかなか眠りに入れないので、仮眠を考える前には、ハードな考え事などはしないようにするようにすると良いでしょう。少しリラックスした状態を作り出すようにすると良いかもしれません。

「疲労回復効果を上げる睡眠テクニックまとめ記事7選」の詳細を調べる

    
コメント