ショートスリーパーの定義は?

眠らない人がいます。仕事が忙しくて眠らないのか、あるいは体質として短い時間でも大丈夫であるのか。このように短い睡眠時間でも通常の活動ができる人は、ショートスリーパーと呼ばれます。


6時間未満は当てはまる

ショートスリーパーの定義はどのようなものでしょうか。一般的に、人間の平均的な睡眠時間は7時間から8時間と言われています。それよりも短い人、特に6時間未満の睡眠の人がショートスリーパーと呼ばれます。6時間未満ということになると、けっこう当てはまる人がいるのではないでしょうか。終電で帰ってきてそのまま眠り、朝一番に目覚めるような生活であれば、睡眠時間は5時間から6時間程度になるでしょう。

不眠症の疑いも

しかし、睡眠時間は遺伝子で決められており、短くすることはできないとも言われています。そのため、うまく眠れずに短い睡眠時間で起きてしまい、さらに日中に疲労や集中力の低下などが生じている場合には、不眠症の疑いもあります。

ロングスリーパーもいる

反対に、平均値以上の睡眠時間を持つ人間はロングスリーパーといわれています。しかし、10時間以上眠っているにも関わらず日中に疲れなどを感じてしまう場合には、過眠症がうがわれます。睡眠時間はこのように微妙なさじ加減で成り立っているのです。

    
コメント